ドッグランデビューをしよう!大切なマナーまとめ

愛犬達の社交の場と言えば、そうドッグランです。

飼い主さんなら一度は行ってみたい場所のひとつではないでしょうか。

 

でも実際初めて行くときや場所では、

「他の飼い主さんや犬との接し方が心配」

「ちゃんとほかの犬たちと仲良くやれるかな」

といった不安がつきもの。

 

そこでこれからドッグランデビューを目指している飼い主さんに、

抑えておきたいポイントをまとめてみました。

 

ポメラニアンは社交的なので、比較的安心

もともとポメラニアンは社交的な性格で、物怖じしない性格です。

ソリ犬の血統をひいているため、協調性も豊か。

比較的安心して他の犬とも仲良くなることができます。

自由に走るのも大好きですから、ポメラニアンにとっては最高の場所です。

(気質については、ポメラニアンの性格をご参照ください。)

 

ドッグランは社会化を促す重要なポイント

ドッグランでは様々な年代や犬種と交流することができるため、社会化にはもってこいです。

遊び好きの若い頃から連れていくと、いろんな遊びも吸収しますし、

他の犬から交流の仕方を学ぶことができるでしょう。

 

始めのうちは小型犬専用か先輩犬と一緒にいくこと

ポメラニアンは体格に似合わず勇猛果敢な性格の子が多いため、

大型犬だろうが向かっていきます。

 

向こうは遊んでいるつもりでも、思わぬ怪我の心配や

トラウマの原因になる可能性ががあるため、

始めのうちは、小型犬専用のドッグランに行くことをおススメします。

 

また自宅の先住犬や、お友達の先輩犬と一緒にいくと、

犬も安心して楽しむことができるでしょう。

 

有料ドッグラン、ワクチン証明書が必要なドッグランを選ぶと良い

ドッグランは無料や有料のものが存在しますが、

始めは管理がしっかりしている有料ドッグランをおススメします。

無料では放置されている可能性が高いため、

モラルの低い飼い主さんや犬がルールを守らず、トラブルになるケースも多々。

有料であれば、プロのスタッフも常駐していますので、

いざというときでも安心です。

 

またドッグランによっては感染予防実施の観点から、

予防接種証明書を提示するところもあります。

始めは少し大変ですが、愛犬の病気の心配は減りますので、おすすめです。

 

愛犬から目を離さないこと

ドッグランで知り合った飼い主さんたちと話に夢中になっている間に、

犬同士のトラブルが起きるケースは多々あります。

目を離さなければ未然に防げることは沢山ありますので、

「犬は予測不能な行動をする」といつもこころに留めて、目を離さないようにしましょう。

 

愛犬が不穏な動きをしたり、相性があわなそうな犬がいると感じたら、

無理せず、ドッグランを出ることをおススメします。

 

おもちゃもおやつも絶対に持ち込んではダメ!

ボールやおやつがは犬の闘争心をあおり、トラブルの原因になるので、

ドッグラン内で絶対に使用してはいけません。

これが原因で、犬同士がケンカをしたり、

飼い主さん自身が他の犬から襲われる可能性もあります。

匂いでも察知されてしまうので、持ち込まないことが原則です。

 

発情期のメスは連れていかない

これはどんな場所でもいえることですが、避妊をしていないメスは

発情期になった場合、他の犬と触れ合う公共の場に連れていかないことが原則です。

ホルモンが分泌されているので、オスを引き寄せますし、

ドッグランではオス同士の争いになる可能性もあります。

 

極端に臆病だったり、攻撃的な場合はあきらめる

ポメラニアンの場合は稀なケースではありますが、

犬の中には臆病な性格な子もいます。

ドッグランで多くの犬たちに囲まれることで、ストレスを感じよりトラウマになる可能性もあるので、

まずは自宅で犬のぬいぐるみなどで、社交性を育ててからにしたほうが賢明です。

 

また逆に攻撃的な性格の場合も同様に連れていくのをあきらめましょう。

こちらも、ぬいぐるみをつかって扱い方を教えたり、

先輩犬の力を借りるなどして、接し方を覚えてからにしたほうが良いです。

 

以上がドッグランデビューに向けてのマナーでした。

もちろん、排泄物などもしっかり片付けることは言うまでもないです。

初めは色々と不安も多いかもしれせんが、

犬の本能を満たせる場所なので、愛犬にとっても幸せの場。

是非ともチャレンジしてみてください。

 

なお、全国のドッグランはYhaoo!ペットなどから探すこともできます。

http://pets.yahoo.co.jp/institution/dog_run.html

 



スポンサー広告

このページの先頭へ