通院補償が良い、通院のみのペット保険で良い会社は?

ペット保険で通院補償を重視する保険をお探しでしょうか?

特に愛猫の飼い主さんや比較的若い愛犬を飼っている方は、通院補償のニーズが高いかもしれません。

今回は通院補償に重点を置いたペット保険のおすすめプランについてお話します。

「通院だけ」と「入院と手術補償を兼ね備えた」2つがある

ペット保険では補償を通院、入院、手術の3つに分けていますが、

通院重視と行っても、通院だけ補償する通院保険と、

入院と手術も補償する医療保険の2種類があります。

ただほとんどの会社が医療保険を採用しており、

通院保険を提供しているのは現在のところ1社のみとなっています。

通院保険と医療保険はどちらが良い?

通院保険のメリットは医療保険よりも保険料が安いことです。

しかしながら補償範囲は当然医療保険よりも限定されてしまいますから、

どちらを重視するか?ということでしょう。

個人的には医療保険でも比較的安い保険料のプランはあるため、

特別な理由がない限りは通院保険でなくとも良いと思います。

通院補償をチェックするとき重要なこと

各社の通院補償を比較するとき、下記の点に特に着目してチェックするのがおすすめです。

日数・回数制限に注意する

ペット保険では補償制限として日数・回数制限、1日限度額制限、年間最大補償額の3つが設けられていることがありますが、

通院補償は1回あたりの治療費は比較的少額ながら、回数を重ねる傾向があるため、

「日数・回数制限が何日か?」をチェックしましょう。

中にはこの制限が無い会社もあります。

1日限度額制限は通院補償ではあまり影響は受けませんが、1万円程度の制限に収まっていることが望ましいです。

1年間で回数がリセットされること

たまにですが会社によって前述した日数制限のカウントが同じ病気の場合リセットされないことがあります。

こういった制限は約款や重要事項説明書などに記載されていますが、

読むのが不安な方は、是非会社に問い合わせた際に確認するようにしましょう。

免責金額のありなし

免責金額は補償率に関係なく必ず支払う自己負担額のことで、

この設定がある場合受け取る補償金額は補償率分より減ってしまいます。

免責金額には毎回(毎通院あたり)発生するタイプと、

1つの病気・ケガの治療を通して1回のタイプがありますが、前者のタイプは要注意です。

回数は少なく1回あたりの治療費が高い傾向にある手術治療では影響は限定的ですが、

少額治療を複数回発生する通院補償では最悪補償金が0円になってしまうことも。

基本的には免責金額は無しを選ぶべきです。

通院保険なら日本ペットプラス一択

現在のところ日本ペットプラスが提供するゴールドプランのみが唯一の通院保険となっています。

補償率は50、70、90%の3つから選ぶことができ、

通院補償では重要な日数制限は無し、免責金額も無しになっているため、補償の条件は良好だとおもいます。

ただ他に通院保険を提供している会社がないため、

保険料の安さや補償とのバランスを比較することができません。

日本ペットプラスについては下記記事にて詳しく解説しています。

日本ペットプラスのデメリットはある?免責や口コミの評判も

通院が良い医療保険をランキング

続いては医療保険の中から通院補償が良いことはもちろん、

全体的に好条件なものをランキング形式でご紹介していきます。

会社のついては各リンク先をご参考にしてみてください。

第1位 FPCペット保険 全プラン

通院補償が手厚くかつ保険料が圧倒的に安い点から1位に選びました。

日数制限はあるものの30日と、他社が20日前後に比べて緩い設定のため、

制限の使い勝手の悪さを感じることは少ないでしょう。

また国内人気会社の総保険料と平均月額保険料を比較してみると(13年間)

保険料重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
7位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
8位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
9位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
10位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 アクサダイレクト: 494,280円(平均3,168円)
14位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
15位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
16位 ペッツファースト: 556,540円(平均3,568円)
17位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
5位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
6位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 アクサダイレクト: 566,160円(平均3,629円)
11位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
12位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
13位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
14位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
15位 ペッツファースト: 656,950円(平均4,211円)
16位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 アクサダイレクト: 622,200円(平均3,988円)
11位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
12位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
13位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
14位 ペッツファースト: 762,830円(平均4,890円)
15位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
16位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位 ペットライフジャパン: 308,400円(平均1,977円)
6位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 アクサダイレクト:366,360円(平均:2,348円)
11位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
12位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
13位 ペッツファースト: 428,610円(平均2,748円)
14位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
15位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
16位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
17位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)
※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,640円(平均4,286円)
13位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
14位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
15位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
16位 ペッツファースト: 744,500円(平均4,772円)
17位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
10位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アクサダイレクト: 773,880円(平均4,961円)
13位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
14位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
15位 ペッツファースト: 885,040円(平均5,673円)
16位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
6位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 アクサダイレクト: 855,720円(平均5,485円)
12位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
13位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
14位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
15位 ペッツファースト: 1,033,270円(平均6,624円)
16位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
10位 アクサダイレクト: 482,520円(平均3,093円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 ペットライフジャパン:538,200円(平均3,450円)
14位 ペッツファースト: 565,380円(平均3,624円)
15位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
16位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
17位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)
※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償率50%、補償率70%以上ともに、FPCペット保険はとても安く、かつ

※横にスクロールできます
※棒線をクリックすると金額が表示されます

 

年間最大補償額を比較してみると、FPCペット保険の85万は高いクラスであり、

保険料と補償のバランスがとても良いことがわかります。

FPCペット保険のデメリットは?免責は?口コミはどう?

第2位 楽天あんしんペット保険Lプラン

年間最大補償額や補償率の設定は一般的なものの、通院補償の日数制限がないこと、

Lプランには免責金額が無いうえで、補償率70%以上で特に猫の保険料が安い点から選びました。

またオプションで賠償責任特約も不可できるため、外飼いしている猫の飼い主さんには助かるでしょう。

なおさらに保険料が安いMプランがありますが、こちらは免責金額が1回ごとに14,000円かかるため、

まったくおすすめできません。

楽天少額短期(あんしん)ペット保険の口コミの評判、特徴は?

第3位 日本ペットプラス 50%プラン

通院保険も提供する日本ペットプラスの50%プランを選びました。

補償率や年間最大補償額は一般的ですが、日数制限が無く保険料も全犬種、猫通して安いため、

通院補償と保険料のバランスが丁度良いです。

さらに4つの割引制度も備えているため、条件を満たせればさらに保険料が安くなりお得となります。

日本ペットプラスのデメリットはある?免責や口コミの評判も

そもそもペット保険を通院重視で選ぶべき?

通院補償に注目して保険をご紹介してきましたが、ペット保険にはほかにも見るべきポイントはいっぱいあります。

果たして通院重視で保険を選ぶべきなのでしょうか?

まず通院、入院、手術の3種から一番重視するならとなると、通院補償で間違いありません。

犬猫ともに医療事情調査から7割が通院治療であることがわかっているからです。

ただし、これだけで保険を選ぶのは早計でしょう。

まず注意したいのが保険料です。

各社若い年齢のときの一番安い保険料をアピールしていることがおおく、

高齢になるにつれての保険料の値上がりは自身でしっかり確認する必要があります。

いくら通院補償が良くても保険料の支払いに苦労するのでは意味がありまsねn。

 

また請求方法はどうでしょうか?

会社によって窓口清算に対応しているところもあれば、後日請求だけのケースもあります。

窓口清算対応の会社は保険料が高い分、請求が簡単で便利というメリットがあるため、

そういったことを重視する人は選択肢にはいってきます。

ペット保険の窓口清算とは?対応している会社も比較してみました!

また補償を対象外とする免責事由に問題はないかもチェックが必要です。

基本的な免責事由は各社同じなのですが、一部特定の病気を補償しないケースがあります。

代表的なものでいえば、膝蓋骨脱臼や涙やけ、椎間板ヘルニアなどです。

椎間板ヘルニアの対応状況 ペットの流涙症、涙やけはペット保険で補償してくれる?洗浄もOK? ペット保険はヘルニアを補償してくれる?おすすめの会社は?

こういった内容を統合的に見て判断するのがおすすめです。

色々な面からおすすめの保険を紹介

今回は通院補償を重点に置きお話をしてきましたが、

犬におすすめ、猫におすすめ、補償率重視など目的別にもランキング形式でご紹介していますので、

参考にしてみてくださいね。

【犬・猫・目的別】全18社ペット保険おすすめ比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA