愛犬の膝蓋骨脱臼の治療費を補償してくれるペット保険はどこ?

特に小型犬に多いとされるている病気が膝蓋骨脱臼です。

膝蓋骨脱臼の治療には手術になることも多く、

相場として18~35万円ほどかかるため非常に高額ですから、

ペット保険が膝蓋骨脱臼の補償をしてくれるか否かはとっても重要ですよね?

膝蓋骨脱臼を補償するかは会社それぞれ

ペット保険には免責事由と呼ばれる特定の事由に対して補償対象外とする規定があります。

重要事項説明書や約款などに記載されているものですね。

そのなかに病気やケガの種類によって保証対象外とする項目があり、

膝蓋骨脱臼は会社によって規定がわかれてきます。

社名補償社名補償
au損保ペット保険アイペット
アクサダイレクト×アニコム
イオンのペット保険FPC
SBIいきいき小短×日本ペットプラス×
日本アニマル倶楽部×日本ペット共済×
ペッツベストペット&ファミリー×
ペットメディカルサポート(PS保険)楽天少額短期保険
(新わんにゃん保険)
楽天少額短期保険
(あんしんペット)
×

 

現在のところ全体の約4割が補償外となっています。

もし愛犬の膝蓋骨脱臼が心配ということであれば注意して選びましょう。

先天性および加入前は補償外
膝蓋骨脱臼が補償内の会社であっても生まれつき、つまり先天性の膝蓋骨脱臼や、
加入する前に罹患していた膝蓋骨脱臼は補償対象外ですので注意しましょう!

加入するならどこが良い?

膝蓋骨脱臼を補償するペット保険会社の中で加入するならどこが良いでしょう?

膝蓋骨脱臼の治療費が高額になるのは主に手術です。

そのため手術補償が特に手厚いところを選ぶのは当然ですが、

進行グレードや診療によって通院治療が多くなるケースもあるため、

その両方をチェックするのがおすすめです。

ただし手厚いほど保険料は高くなりますので、そこはどこまで許容できるか?が重要になります。

保険会社名保険商品名補償割合最大補償額各治療形態制限免責金額
au損保ペット保険(旧あうて)コース70(通院なし)70%70万(通院)補償なし
(入院、手術)通算70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
コース50(通院なし)50%50万(通院)補償なし
(入院、手術)通算50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
コース70(通院あり)70%98万(通院)年間最大28万まで
(入院、手術):年間最大70万まで
※回数、日数制限は無し
-
コース50(通院あり)50%70万(通院)年間最大20万まで
(入院、手術):年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
-
アイペットうちの子ライト90%100万円(通院)補償なし
(入院)10日まで補償
(手術)500,000円×2回
-
うちの子70%プラン70%122.4万円(通院)12,000円×22日
(入院)30,000円×22日
(手術)150,000円×2回
-
うちの子50%プラン50%72.8万円(通院)12,000円×22日
(入院)12,000円×22日
(手術)100,000円×2回
-
アニコムふぁみりぃ70%プラン70%84万
(通院)14,000円×20日
(入院)14,000円×20日
(手術)140,000円×2回
-
ふぁみりぃ50%プラン50%60万(通院)10,000円×20日
(入院)10,000円×20日
(手術)100,000円×2回
-
ぷち70%プラン70%128万(通院)なし
(入院)14,000円×20日
(手術)500,000円×2回
-
イオンのペット保険70%プラン70%70万回数制限無し
(通院):1日14,000円まで
(入院):1日14,000円まで
(手術):1日140,000円まで
(1つの病気・ケガで限度額35万)
1治療5,000円
50%プラン50%50万回数制限無し
(通院):1日10,000円まで
(入院):1日10,000円まで
(手術):1日100,000円まで
(1つの病気・ケガで限度額25万)
1治療5,000円
FPC補償率50%プラン50%85万円(通院)12,500円×30日
(入院)125,000円×3回
(手術)100,000円×1回
-
補償率70%プラン70%85万円(通院)12,500円×30日
(入院)125,000円×3回
(手術)100,000円×1回
-
ペッツベストファーストプラン80%100万(通院、入院、手術)通算100万円、1回50万円まで
※回数制限なし
1治療7,500円
ベーシックプラン80%50万(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
1治療20,000円
PS保険(ペットメディカルサポート)100%補償プラン100%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
70%補償プラン70%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
50%補償プラン50%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
楽天少額短期保険
(新わんにゃん保険)
医療保険
スタンダードプラン
50%60万通院:1日1万、年間20万まで
入院:1日1万、年間20万まで
手術:1日10万、年間20万まで
※回数、日数制限は無し
-
医療保険
プレミアプラン
70%90万通院:1日1.5万、年間30万まで
入院:1日1.5万、年間30万まで
手術:1日15万、年間30万まで
※回数、日数制限は無し
-
手術保険 70%プラン70%100万通院だけ:補償無し
入院だけ:補償無し
手術:50万×2回まで
(手術に伴う通院・入院は最大15日)
1,0000円
手術保険 90%プラン90%100万通院だけ:補償無し
入院だけ:補償無し
手術:50万×2回まで
(手術に伴う通院・入院は最大15日)
1,0000円

 

こちらは対象の保険会社の医療保険、手術保険、通院保険を対象に表にまとめたものです。

ですが今回の条件では通院保険は対象がありませんでした。

通院、手術両方のリスクに備えるなら

膝蓋骨脱臼の通院と手術両方の治療方針に対応したいなら、

医療保険を選択することになります。

保険料は手術保険に比べると高くなりますが、

その中でも十分に保険料の安さと補償のバランスの良いところがおすすめです。

下記は国内人気会社の総保険料と平均月額保険料を比較した表です。(13年間)
(全保険会社の比較になっています)

保険料重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
7位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
8位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
9位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
10位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
14位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
15位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
5位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
6位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
11位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
12位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
13位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
14位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
3位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
11位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
12位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
13位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
14位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
6位 アクサダイレクト:322,560円(平均:2,068円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
11位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
12位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
13位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
14位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
15位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)
※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
13位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
14位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
15位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
10位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
13位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
14位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
6位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
12位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
13位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
14位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 アクサダイレクト: 432,960円(平均2,775円)
10位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
14位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
15位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)
※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

御覧のように犬種や体躯、犬と猫で安さの順位は変わってきますが、

保険料の安さではFPCペット保険、PS保険、ペッツベストの4社です。

どれも一長一短がありますが、

膝蓋骨脱臼の補償を踏まえるとペッツベストが一番おすすめです。

補償率が80%であること、1日限度額や日数制限が無いので、

長期の通院治療や高額な手術に対応しやすく膝蓋骨脱臼のリスクにぴったりです。

唯一免責金額があるのが難点ですが、1傷病あたりなので毎回発生するものではなくリスクは小さめでしょう。

ペッツベストのデメリットは?口コミの評判や保険料はどう?

免責金額が気に入らないということであれば、1日限度額や日数制限がありますが、

全犬種、猫を通して安いPS保険も良いでしょう。

手術は2回まで対応していますし、通院日数も20日とベターではあります。

PS保険のデメリットとは?口コミの評判や補償内容、保険料について

とにかく安さ重視なら手術保険

保険料をとにかく抑えたい!ということであれば、

より高額のリスクが伴う手術だけ対応した保険を選ぶとよいでしょう。

(ただ私は基本的に医療保険をおすすめしている)

膝蓋骨脱臼を補償する手術保険でいうと、

au損保ペット保険の通院なしコース、アイペットのうちの子ライト

アニコムのぷち70%プラン、楽天少額短期保険の手術保険プランです。

この中で選ぶならアニコムのぷち70%プランでしょう。

他の手術保険よりも保険料が安い割に、手術を2回補償、かつ手術に伴う入院までしっかりサポートしてくれます。

残念ながらこのプランは窓口清算には対応していませんが、

アニコムはペット保険の古参大手ですので信頼性もばつぐんです。

アニコムペット保険の特徴と口コミ、評判は?

膝蓋骨脱臼が補償外って問題なの?

さてここまで膝蓋骨脱臼を補償する会社ということで話を進めてきましたが、

そもそも膝蓋骨脱臼が補償外ってどのくらいリスクなのでしょうか?

膝蓋骨脱臼の治療相場については冒頭でもお話しましたが、

なりやすい犬種として代表的なのが、

なりやすいといわれている主な犬種
トイプードル、チワワ、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、フレンチブルドッグ

といったいわゆる小型愛玩犬です。

また昨今のフローリングでは犬にとっては歩き難いため、

膝蓋骨脱臼を含めた間接の病気のリスクが高くなるという話しもあります。

 

でもリスクが高いといってもどの程度なのでしょうか?

実はこの調査をイギリス王立獣医大学のチームがおこなっています。

合計210,824件の医療記録を集めて統計調査をおこなったところ、

  • ポメラニアン→全体の6.5%
  • チワワ→全体の4.9%
  • ヨークシャー・テリア→全体の5.4%
  • フレンチブルドッグ→全体の4.0%
  • トイプードル→全体の1.5%

という結果になったそうです。

最もリスクの高いポメラニアンで100頭で7匹程度という感じです。

どうでしょうか?多いと感じましたか?少ないと感じましたか?

その感覚は人それぞれですが、

私は膝蓋骨脱臼のリスクだけを考えて保険を選ぶのは良しとしていません。

もちろん膝蓋骨脱臼が補償されることに越したことはありませんが、

他にも沢山色々なリスクがありますし、

ペット保険会社には様々な特徴がありますので、選択肢を狭めてしまうのはちょっと早計だと思います。

当サイトでも愛犬の飼い主さん500人に、膝蓋骨脱臼経験をアンケートしました。

アンケート結果は下記の記事に掲載されていますが、

【えっ!?こんなに!】犬の膝蓋骨脱臼、手術費用と出費対策

ずば抜けて高いリスクではないかなと私は思っています。

なのでまずは全体の会社から吟味し、

「膝蓋骨脱臼が補償外であること」と天秤にかけてもよいかもしれません。

当サイトでは総合的な保険ランキングもやっておりますので、

よろしければ参考にしてみてくださいね。

【犬・猫・目的別】全18社ペット保険おすすめ比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA