ペティーナのペット保険のデメリットとは?保険料や評判について

熊本県に本社をおく株式会社ペティーナが提供するペット保険。

知名度はあまり高くありませんが、どのような特徴があるのでしょうか?

保険料や補償内容を見ながら、デメリットや利用者の評判についてまとめました!

ペティーナの補償内容と保険料

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責加入可能年齢更新可能年齢
ゆとりプラン70%30万通院、入院、手術を年間最大30万まで
1請求10万まで
※日数・回数制限無し
-生後2ヵ月~満8才まで終身
まとめてプラン50%20万通院、入院、手術を年間最大20万まで
1請求10万まで
※日数・回数制限無し
-生後2ヵ月~満11才まで

 

ペティーナでは通院、入院、手術を補償する医療保険が2つ用意されています。

補償重視がゆとりプラン、保険料重視がまとめてプランです。

またプランによって加入年齢の条件が変わってきます。

加入の際には別途入会金2,000円が必要になります。

 

保険料ですが、ペティーナは他社には無い体系を導入しています。

加入年齢によって最初の保険料が決まり、その後一生涯その保険料で一定なのです。

加入時の年齢ゆとりプランまとめてプラン
2ケ月~2才犬:2,900円
猫:2,400円
犬:2,200円
猫:1,800円
3~5才犬:3,100円
猫:2,600円
犬:2,400円
猫:2,000円
6~9才犬:3,400円
猫:2,900円
※9歳は加入不可
犬:2,600円
猫:2,200円
10才~11才加入不可犬:2,800円
猫:2,400円

 

日本アニマル倶楽部も同じフラットな保険料になっていますが、

ペティーナのように加入年齢によって一定となる金額が決まるわけではありません。

混合ワクチン接種特約

こちらもペティーナならではの制度です。

混合ワクチンの接種費用を給付する特約で、

犬は月500円、猫は月400円で任意付帯することが可能です。

犬は5種以上のワクチンで年7,000円まで、

猫は3種以上のワクチンで年5,500円まで給付金が受け取れます。

請求方法は?

後日郵送による請求のみ対応しています。

下記の書類を準備のうえ、保険会社に届けて完了となります。

  • 給付金請求書
  • 診療明細書または領収証(原本)
  • 入院・手術費用明細(手術、入院の場合)

注意点として30日以内に請求をする必要があります。

ペティーナのデメリットは?

それでは補償内容や保険料など保険の特徴をふまえ、デメリットについてお話していきます。

年間限度額がかなり低い

通院、入院、手術における1年間の合計補償額を示す年間限度額ですが、

ペティーナは他社に比べて圧倒的に低い金額です。

下記は各社の最安プランおよび補償重視プランで比較したものです。

※横にスクロールできます
※棒線をクリックすると金額が表示されます

 

通常各社の最安プラン(主に補償率50%)では年間50万補償が最低ラインですが、

ペティーナは20万。

補償重視プラン(主に補償率70%)では年間70万が最低ラインですが、

ペティーナは30万とかなり低めです。

そのため補償の充実度としてはペティーナはかなり低いといえます。

給付金請求の時効が早い

ペットの保険の後日請求には請求期限というものが設けられており、

ほとんどの会社は3年という期限になっていますが、

ペティーナは30日以内のかなり短い期限になっているため、

うっかり請求し忘れたというリスクが高いです。

また他社では対応しているところが多い完治後の一括請求も基本できないので、

請求の手間は他社よりもおおいです。

入会金が必要

デメリットというほどではないかもしれませんが、

ペット保険ではめずらしい加入の際別途入会金2,000円が必要になります。

他社では入会金はありませんので、欠点とはいえるでしょう。

ただしすでに契約している人からの紹介の場合は入会金は不要です。

ペティーナのメリットは?

それでは続いてメリットについてみていきましょう

保険料が安い

年間限度額が圧倒的に低い分、保険料は他社に比べて大分安くなっているといえます。

下記は国内人気会社の総保険料と平均月額保険料を比較した表です。(13年間)

まずは補償重視プラン(主に補償率50%プラン)を比較していきます。

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
7位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
8位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
9位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
10位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 アクサダイレクト: 494,280円(平均3,168円)
14位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
15位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
16位 ペッツファースト: 556,540円(平均3,568円)
17位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
5位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
6位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 アクサダイレクト: 566,160円(平均3,629円)
11位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
12位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
13位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
14位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
15位 ペッツファースト: 656,950円(平均4,211円)
16位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットライフジャパン: 397,200円(平均2,546円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 アクサダイレクト: 622,200円(平均3,988円)
11位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
12位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
13位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
14位 ペッツファースト: 762,830円(平均4,890円)
15位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
16位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位 ペットライフジャパン: 308,400円(平均1,977円)
6位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 アクサダイレクト:366,360円(平均:2,348円)
11位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
12位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
13位 ペッツファースト: 428,610円(平均2,748円)
14位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
15位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
16位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
17位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)
※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

0歳から加入した場合ペティーナは犬なら月2,200円(13年で345,200円)、猫なら月1,800円固定(13年で282,800円)となりますので、

他社よりも大分安いことがわかりますね。

特に中型犬と大型犬では最も安い結果となっています。

これはペティーナでは犬種による保険料の分け方がないため、相対的に大型犬種ほどお得になるからです。
(他社では体躯がおおきいほど保険料が高くなる傾向にある)

さらに主に補償率70%以上の補償重視プランでは、

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,640円(平均4,286円)
13位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
14位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
15位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
16位 ペッツファースト: 744,500円(平均4,772円)
17位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
10位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アクサダイレクト: 773,880円(平均4,961円)
13位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
14位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
15位 ペッツファースト: 885,040円(平均5,673円)
16位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
6位 ペットライフジャパン:714,000円(平均4,577円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 アクサダイレクト: 855,720円(平均5,485円)
12位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
13位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
14位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
15位 ペッツファースト: 1,033,270円(平均6,624円)
16位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
10位 アクサダイレクト: 482,520円(平均3,093円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 ペットライフジャパン:538,200円(平均3,450円)
14位 ペッツファースト: 565,380円(平均3,624円)
15位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
16位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
17位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)
※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

0歳から加入した場合ペティーナは犬なら月2,900円(13年で454400円)、猫なら月2,400円固定(13年で374400円)となりますので、

やはり安さでは上位です。

同じく中型犬や大型犬になるほど安さが際立ってきます。

さらに豊富な割引制度で安くなる

そのままでも十分に安い保険料ですが、さらにペティーナでは割引制度が豊富です。

しかも条件のハードルが低いものも多いです。

割引制度割引率説明
多頭割引2~3 頭:5%
4 頭以上:10%
2 頭以上加入している場合、全契約に対して割引
予防割引
5%過去 1 年以内に混合ワクチン接種を終えている場合
去勢・避妊割引
5%過去、去勢・避妊手術を終えている場合
健康割引
1 年間無疾病、無傷害:5%
.2 年間以降無疾病、無傷害:10%
の契約期間内(1 年間)に給付金のご請求がない場合、次年度契約から割引
年一括割引
月掛金 1 ヶ月分を上限に割引掛金の支払いが年一括の場合

 

まず年一回割引が強力。最大1カ月分の保険料が割引になるので、

特別な理由が無い限りは年払いを選択すべきです。

また予防割引はほとんどの飼い主さんがクリアできる条件でしょう。

去勢・避妊割引は飼い主さんによりますが、病気予防の観点からおこなう人が増えてきました。

そうした予防医療行為に割引が付くのはうれしいですね。

この3制度は現在ペティーナしかありません。

さらに健康割引、他社では無事故割り引きと呼ばれますが、

ペット保険は掛け捨てなので、保険利用が無い時に割引になるのは大変ありがたいです。

しかもペティーナだけしかない、2年連続利用が無いと、さらに割引率があがるのはうれしいですね。

これらの条件を満たせば安い保険料がさらに安くなります。

 

多頭割引は他社にもある制度ですが、保険料の安さも相まって多頭飼いの飼い主さんに相性が良いです。

というのも、他社ではもともと保険料が高いうえでの多頭割引なので、

結局トータルの保険料支払い額はすごい金額になってしまいますから。

血液検査サポート特則

もし1年間無疾病・無傷害の場合、健康診断をを目的とした血液検査の最大50%(限度額3,000円)を補填してくれる、

特則がついています。もちろん付加保険料はいりません。

こうした制度も他のペット保険会社ではありませんので、ペティーナのメリットといえます。

みんなのペティーナの口コミ評判はどう?

現在調査中です。

ペティーナはおすすめ?

以上デメリットとメリットをみてきました。

ペティーナは一言で特徴を述べると『少額で少なめの補償を得られる保険』といえるでしょう。

年間限度額がかなり低い分、保険料もかなり安いので、

例えば保険料の兼ね合いで、補償範囲をあきらめ手術保険など安い保険料のプランを選択していた人には、

通院、入院、手術を補償するのに安いペティーナは選択肢に入るかもしれません。

また多頭割引もあり、もともとの保険料が安いため、

複数契約の場合でも他社より総保険料がかなり安くなることから、多頭飼いの飼い主さんも選択肢に入ると思います。

 

ただ補償に関してはやはり大分見劣りするのは事実です。

保険料が安いとはいえ、あと月数百円追加することで、

一気に補償内容が良くなるプランが他社には色々あるため、

もし保険料がもう少し許容できるのであれば他社のほうが良いでしょう。

総合的なペット保険のおすすめ会社は下記ページにてランキングで紹介していますので、

参考にしてみてください。

【犬・猫・目的別】全18社ペット保険おすすめ比較ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA