アイペット保険のデメリットは?保険料や評判、対応病院について

うちの子、うちの子Lightの商品で有名なのがアイペット損害保険株式会社です。

最近はCMも積極的に出しており、ペット保険としてはアニコムと並ぶくらい有名な会社です。

では補償内容や保険料、窓口清算の対応病院といった保険内容、

そして利用者の口コミ評判はどうなのでしょうか?

みんなのアイペットの口コミ評判はどう?

気になるのは実際にアイペットを利用した人たちの声。

そこで今回インターネット上でアンケートをとり、その結果を紹介したいと思います。

どうしてアイペットを選んだの?

1位:加入保険料の安さ
2位:補償率が良い
3位:通院、入院、手術補償がある
4位:知人に勧められたから

ここは改善してほしいなあと思うところは?

1位:保険料の値上がり
2位:保険料が高い
3位:うちの子Lightも窓口清算にしてほしい
4位:ワクチンや去勢手術代も補償対象にしてほしい

アイペットに入ってみて思ったことを教えて?

トイプードル(4歳オス)を飼っていますが、もともと胃腸が弱いうえに、誤飲が多く、それに加えて環境の変化(子供の出産による家族構成の変化)によるストレスがかかったためか、嘔吐を繰り返すようになり、病院を受診する回数が増えたため、ペット保険の加入を検討しました。
アイペットに決めた最大の理由は、主に通院している動物病院において、窓口精算が可能なことです。以前加入していた保険は、窓口精算に対応していなかったため、保険請求手続きが面倒であることを理由に、保険加入しているにも関わらず、請求を行わないこともありましたが、窓口精算は人間の健康保険と同様の使い勝手で、本当に楽になりました。
特に最近は通院の頻度が多いことに加え、入院で高額な医療費が発生しましたが、窓口精算できることで、一端立て替える必要もないことから、手続きの煩わしさから解放されるだけでなく、金銭的にも助かっています。ただ今後は保険料が高くなることも考えると、どうしようかなあというところもあるのですが。
今後もペット保険の継続・見直しを検討する際には、かかりつけの獣医で窓口精算ができることは必須の要件になるかと思います。
(30代男性)
一年更新でやっているのですが一番いいのは病院のほうで請求してくれるところです。最初から病院がオススメしているところだったので入ったのですが別なものだと病院では通常金額を払ってから自分が請求をかけないといけないところもあるということだったので病院のかたのお話をきいて決めてよかったと思いました。もちろん資料請求して資料をみたうえでしたが。
とりあえず、思うのペット保険に入っていないととてもお金がかかるということ、あまり病気とかにはかからないと思っていると大きなケガで手術をしましょうといったときに大変です。人間は保険をかけているのでペットにもかけておいてほしいです。ペットの幸せを考えるなら悩んでいる方は是非、病院のかたの話を聞いて入れて下さい。
また、今後保険で変わっていってほしいと思うのはワクチン代、去勢手術代金も保険の対象にしてほしいというところです。
ぜめてワクチンはいいとして、去勢手術代も対象になったら全国的に野犬などは減ってきて社会的にも良いのではないかと思っています。
(20代男性)
人間の保険と同様、犬の保険も多数あって悩みました。人間とは違って犬の治療費は高額です。契約した子はまだ若いので、多少限定された保障でも十分だと思い、この保険を選択しました。若ければ若いほどやんちゃで、危険など気にせずに遊びまわるので、ケガをしやすくなります。加入した保険は通院対象外ですが、手術時は90%も保障してもらえれるので、高額な治療費をぐっと抑えることができるのはとても助かります。
 他の保険だと、混合種、血統種で保険料が違うところも多数あります。体重で保険料に差をつけるというのはまだわかります。品種の違いで保険料が違うというのは気に入りません。品種によっては、ある病気になりやすいということが分かっているものもあります。それでも、人間であれば、遺伝されてきた病気がもしあるとしても、遺伝子検査をする必要もなく保険に加入できます。その人が必ずその病気になるとは限らないからです。犬も同じです。加入した保険は、体重で保険料が決められているので良いと思いました。
(20代女性)
私が加入したアイペットという保険は、とにかく保証がよくて、
最初の1ヵ月はほぼどんなケースでも保証されて、しかも限度20万円でした。
その後2か月以降1年未満で年間20万円の保証だったと思います。
というのも、私の家で飼っていた犬は、飼い始めて10日ほどで病気になってしまい、
その後亡くなったので2か月以降の保険についてあまり覚えていないからです。
病気に気づいたのが夜だったので、夜間の救急で動物病院へ連れて行きました。
その病院はアイペットが直接使える病院ではありませんでしたが、
所定の手続きをとって書類を郵送してから1週間ほどで、
4日間の治療費(16万円前後だったと思います)は全額支払って頂きました。
それから保険加入時に1年分の保険料を払っていたのですが、
その払い戻し分(残りの1ヵ月分)の保険料も治療費と一緒に払い戻しをしてくださって、
とても丁寧で迅速な対応でした。
大手というだけはあって、電話での対応もきちんとしていましたし、
とても満足のいく内容と対応の保険でした。
(20代女性)

アイペットの補償内容と保険料

アイペット

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責加入可能年齢更新可能年齢
うちの子70%プラン70%122.4万通院:1日12,000円×22日
入院:1日30,000円×22日
手術:1回150,000円×2回
-12歳11ヵ月まで終身
うちの子50%プラン50%72.8万通院:1日12,000円×22日
入院:1日12,000円×22日
手術:1回100,000円×2回
-
うちの子Light90%100万手術:1回500,000円×2回
手術に伴う入院のみ:10日分
-

 

アイペットは3つのプランが用意されています。

補償範囲を重視したうちの子、保険料の安さを重視したうちの子Lightです。

大きな治療費になりやすい手術だけを補償してほしい!という場合はうちの子Lightで十分です。

※横にスライドできます
※ポイントをクリックすると詳しい保険料が見えます。

 

保険料は基本的に加齢になるほど上昇していくかたちでとなっています。

またホームページでは13歳以降の保険料は非公開となっているため、

詳細を知るには問い合わせが必要となります。

ペット賠償責任特約:+月130円

上記のプランに追加して、ペット賠償責任特約を付加することができます。

他人やその所有物を損害し、損害賠償責任が生じたときに1事故500万円まで補償を受けることができます。

請求方法は?

『うちの子』『うちの子+』の場合は窓口清算と後日郵送の両方に、

『うちの子Light』は後日郵送のみ対応しています。

窓口清算はアイペット対応病院のステッカーが提示されている動物病院の場合のみで、

保険証を提示することですぐに補償金を差し引いた金額を支払うだけになります。

後日郵送の場合は、下記の書類を準備のうえ、保険会社に届けて完了となります。

  • 保険金請求書兼同意書
  • 診療明細書(原本)

または、

  • 保険金請求書兼同意書
  • 領収証(原本)
  • アイペット指定診療明細書

窓口清算対応の病院は?

アイペットではうちの子ライトを除き、窓口清算の請求方式に対応しています。

ただし全国すべての病院ではなく、アイペットが提携している病院だけです。

対応病院を調べるなら、アイペットが提供する『全国動物病院検索』を利用するのが早いです。


↑お住いの地域を選択し、


↑アイペット対応動物病院検索を押下


↑すると対応病院の一覧が表示されます。

参考 アイペット全国動物病院検索

デメリットは保険料の値上がりが大きい!

さてここからはアイペットのメリットとデメリットについてお話していきます。

まずはデメリットから。

最大のデメリットは保険料の値上がりが大きいことでしょう。

さきほど提示したように、保険料は加齢とともに常に値上がり傾向にあります。

CMなどでアピールしている保険料は一番安い時のもので、加齢とともに保険料が急増していくのがわかります。

その結果他社に比べて大分高い保険料なのです。

下記は国内人気会社の総保険料と平均月額保険料を比較した表です。(13年間)

保険料重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
7位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
8位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
9位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
10位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
14位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
15位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
5位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
6位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
11位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
12位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
13位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
14位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
3位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
11位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
12位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
13位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
14位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
6位 アクサダイレクト:322,560円(平均:2,068円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
11位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
12位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
13位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
14位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
15位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)
※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
13位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
14位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
15位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
10位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
13位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
14位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
6位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
12位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
13位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
14位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 アクサダイレクト: 432,960円(平均2,775円)
10位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
14位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
15位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)
※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

圧倒的に保険料が高いことがわかります。

保険に加入した飼い主さんで一番多い悩みが、保険料が高く成り過ぎて家計が圧迫してしまった・・・ということ。

愛犬、愛猫が若い時は良くても、加齢するごとに高くなるのは想像以上に大変です。

またアイペットは13歳以降は保険料が非公開なのも不安な点です。

 

保険料と補償のバランスから見ても・・・

確かに補償は手厚いアイペットですが、支払う保険料から見ると決してお得とはいえません。

同等の補償でもっと安いところがあるからです。

さらにペット保険は補償が手厚ければ良いというものではありません。

ペット保険は掛け捨てなので、補償を使い切らなければ保険料が無駄になるからです。

なので、例えばFPC保険のような愛犬、愛猫の治療費を補える丁度良い補償で、

保険料も抑えられている保険を選ぶのが賢いといえるでしょう。

 

うちの子Lightも高齢になると安いとは言えない

手術の補償と安さをアピールしているうちの子Lightも、

確かに若いうちはとても安いのですが、成年期以降は格別安いわけでもありません。

手術補償の点だけを考えると、同額で通院も入院も補償したプランも他社であります。

アイペットの良いところは?

では今度は良いところを見ていきます。

年間最大補償額はトップクラス!

年間最大補償額が高いということは、それだけ補償が手厚いことを意味します。

下記は各社の最安プランで比較したものです。

※横にスクロールできます
※棒線をクリックすると金額が表示されます

 

上位にきているのがわかるかとおもいます。

うちの子プランなら窓口清算可能!

通常ペット保険は人の保険と違い、保険金は後日清算方式になります。

会社の請求方法に従った書類を揃え郵送するため、多少受け取りまで時間がかかります。

ですがアイペットは対応病院であれば窓口清算に対応しているので、こうした手間が少なくなります。

人と同じように動物健康保険証を提示すれば、その場で補償を受けられるわけです。

但し【うちの子Light】プランは後日清算方式のみなので注意しましょう。

 

手術のみ補償プランを選べる!

動物医療で最もお金がかかるのが手術です。

最低でも10万円前後、病気によっては20万以上もするため、最も重視したい補償といえます。

ですが、通院、入院、手術の補償が手厚くなるほど保険料は高くなるのが常識。

そこで手術だけ補償することにスポットを当て、保険料を抑えたのが【うちの子Light】です。

保険料を安く抑えたいけど、少しでも補償が欲しいという場合にうってつけでしょう。

手術に伴う入院も補償範囲内です。

 

クラブアイペットが利用者に好評!

クラブアイペット
アイペット加入者に特に評判が良いのが、クラブアイペット制度です。

これは全国の加入しているペットショップ、サロン、宿、カフェなどで、

お得なサービスや割引が受けられるものです。

医療費だけでなく、愛犬にかかるその他の費用も安くすることができるんです。

これは他社にはあまりありませんので、アイペット加入者に好評です。

こんな人にはおすすめ!アイペット

アンケート調査の結果、やはり補償内容の手厚さを感じられます。

また大手なので電話対応も良かったという声も結構ありました。

今までの点を踏まえると、アイペットはこんな人にお勧めしたい保険です。

  • 保険料の安さよりも、窓口で直ぐに清算できるほうが良い
  • 補償内容がとにかく手厚いのが良い
  • 愛犬、愛猫が高齢になり保険料が値上がりしても、しっかりと払える

逆に保険料の値上がりが少なく、程よい補償の方が良い!という人は、

別の保険をおススメします。

【犬・猫・目的別】全18社ペット保険おすすめ比較ランキング

 

アイペットの口コミ



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:16

投稿者:ぷりん ペット保険会社: アイペット
回数制限がなければ
契約したプラン : うちの子 70%
愛犬の犬種: 柴犬

窓口で精算できるのが便利。郵送での申請でも、数週間程度で振込がある。しかし、審査や振込についてのメールなどの連絡がまったくなく、知らない間に振り込んであるとゆうかんじ。保険利用の回数が年間で制限がある。これまで超えたことはないが窓口で毎回保険を使うか迷ってしまう。しかし他の同程度の補償の保険にくらべると保険料が安いので全体的には安心して継続している。

投稿者:hirokenn ペット保険会社: アイペット
個人情報
契約したプラン : 70%補償
愛犬の犬種: チワワ

加入審査が通らなかったので、
個人情報と、クレジットカード情報の削除依頼をしたら
出来ないの一点張り。
だめな会社

投稿者:ゆずまん ペット保険会社: アイペット
DMがうざい
契約したプラン : うちの子ライト
愛犬の犬種: トイ・プードル

加入していた保険は、3万円以下の手術には適応しなかったので、結局保険を使うことはありませんでした。
加入している子の写真を使ったカードが作成でき、とても可愛かったです。毎年その写真を更新するのが楽しみでした。
解約後は、解約しているにもかかわらず何度も保険申請に関するDMが来ることがあり、少し迷惑でした。

投稿者:ままご ペット保険会社: アイペット
いろいろ不満があります
契約したプラン : うちの子
愛犬の犬種: ミニチュアダックス

・資料が分かりずらいから
・年齢によって値段が上ルのがなぜか分からない。
・病院の負担が多いからあまり病院に連れて行けない
・ワクチンなども安くして欲しい
・ペットサロンとかでも使える割引が欲しい
・安くないと無駄に払ってるようで満足しない
・病気によっては保険金が出ない場合もある
・病気にならなかったら何年かに1度支払い額が戻ってくる制度を作って欲しい

投稿者:ジルベル ペット保険会社: アイペット
加入しておいて損はない
契約したプラン : ペット保険うちの子ライト
愛犬の犬種: チワワ

うちのチワワって基本的に元気なんですがやはり保険がないといけないなって事がありまして、基本的にペットって保険が利かないから病院にかかったら大変な金額になっちゃいますから、いざという時のために保険に入っていました、そしてワンコが元気よく走ってるときにいきなり骨折をしてしまい、保険屋さんに電話したところ病院の紹介からすべて段取りして頂けました、保険ってなにもなければ良いんですが何かあった時には本当に役に立ちます。

投稿者:ていいち ペット保険会社: アイペット
保険料がとにかく値上がりします
契約したプラン : アイペットの70%保証
愛犬の犬種: トイプードル

月額の料金を先のことまで考えていなくて、上がり方が他の会社より高いことにに気がつきました。その金額の上げ方をするならもう少し加盟している動物病院を増やしたりしてほしいです。保険料を請求してから返金されるまでも時間がかかりすぎているようにも感じました。ほかの会社には負けないようなサービスを考えてほしいです。

投稿者:ずずみ ペット保険会社: アイペット
まだ使ったことが無いので3
契約したプラン : うちの子ライト
愛犬の犬種:

現在通院している動物病院が保険対応病院になっていたので加入しました。将来的な保険のために加入していますが、通院では保障されないので実際にはまだ利用したことがありません。
ただ、保険料などはとてもお安く、月々で払っていても
全く負担に感じない程度なので、年齢を重ねて病気や怪我で手術や入院したときの備えにはありがたいと感じています。

投稿者:たくあん ペット保険会社: アイペット
少し高め
契約したプラン : ペット保険 うちの子プラス
愛犬の犬種: パグ

パグをペットショップで購入と同時に保険をすすめられ、そのまま加入しました。
皮膚にイボが出来たり、耳をかゆがったりと何度か病院に行く事がありました。全額かかるところを70%引きで その場の支払いのため、
とてもスムーズで、助かります。保険料は、年払いにしています。が、もう少しお安いとありがたいなというところですが、保険に入っていて良かったと思っています。

投稿者:ふりーまん ペット保険会社: アイペット
そこそこ満足
契約したプラン : うちの子
愛犬の犬種: チワワ

年齢もそこそこ取っている愛犬でしたが問題なく加入出来て嬉しかったです。比較的加入しやすい保険だと思います。
また、加入した愛犬の体調が悪くなり手術をする事になりましたが保険の返金も早くて非常に満足しています。
ただ、ペット保険自体あまり多く使えるプランが少ないので入院や手術代の拡張サービスがもっとあっては良いのではないかと思います。

投稿者:クーミー ペット保険会社: アイペット
人間並みの保険料
契約したプラン : 「うちの子」50%プラン
愛犬の犬種: トイプードル2匹

良かったです。保険にはいっておくと安心ですが、もう10歳になり毎月の保険代が高くなりました。月に5270円、一年で63240円になりました。最初の金額は2000円位だったとおもいますが、徐々に金額が上がってきて少し不安です。やめるつもりはないですが、少し金額が高くなってきて人間並みの金額に少し不安です。また上がるような気がしてわからないのが嫌です。車の保険みたいに病院に通うと次の年から上がるのか?、年齢であがるのか?はっきりわからず・・・。入るときに3年後、5年後、10年、15年後の金額がわかればいいと思います。

Page 1 of 2:
«
 
 
1
2
 
»
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA