【長生きしよう!】チワワの寿命と病気、飼い方のまとめ

最終更新日:2018年4月25日

チワワはメキシコが発祥で、好奇心旺盛、飼い主に忠実な性格で日本で大人気です。

寿命の平均は10歳~16歳程度と言われていますが、

日々の健康管理、病気や遺伝によって、それより短くなることもあれば、
長くなることもあります。

先天性(遺伝)からくる病気は防ぎようがありませんが、
後天性の病気は日々の健康管理をしっかりとすることで、予防をすることもできます。
チワワの笑顔

肥満は万病の元

小型犬でも特に体格の小さいチワワの場合、カロリーの過剰摂取には特に注意が必要です。
肥満になると、色々な病気の引き金になるからです。

太ったチワワ
※肥満になると健康に悪い影響が出るから注意!

 

カロリーと食事量の計算式は、一般的に

  • 1日に必要食事量=犬の体重の約2.5%(40分の1)
  • 必要カロリー=体重1kgあたり50~110kcal

となっています。

また必要な栄養素にも配慮しましょう。
人間に必要な栄養素と基本的に変わりませんが、必要量は人間の数倍にもなります。

  • ビタミンA・・・3.4倍
  • ビタミンD・・・3.9倍
  • ビタミンE・・・4.6倍
  • ミネラル・・・20~24倍
  • たんぱく質・・・3.0倍

これらの栄養素は、ホルモン系、皮膚系、関節系、臓器系など
様々な病気予防に特に重要になるため、しっかりと栄養を摂取させたいものです。
また人間の食べ物をなるべく与えないようにするのも重要です。

 

運動時の注意点

食事と同時に配慮したいのが、運動です。
近年、室内で飼うこともおおくなり、犬の運動不足による肥満は増加一途です。

小型犬のチワワは比較的、運動量はおおくないため、
室内でおもちゃなので、10分程度遊べば十分ですが、
精神的な健康のためにも、なるべく外に散歩させましょう。

チワワと仲良く散歩
※チワワは運動量は多くないが、気分転換にお外にいくことは重要!

 

また散歩時に注意したいのが、リードの種類です。
チワワは気管がつぶれてしまう気管虚脱になりやすい犬種。
首輪など首に負担をかけるものより、ハーネスで体全体を支えるリードが良いでしょう。
気管虚脱の治療費と対策についてはこちら

 

お手入れによる健康管理

チワワは毛が短いタイプのスムータイプと、
柔らかで長い被毛のロング・タイプの2つが存在します。
短毛種の場合は、そこまで気を遣い過ぎる必要がありませんが、
長毛種の場合は、毎日ブラッシングをしましょう。

チワワをブラッシング
※ブラッシングは毛並みを整えるだけでなく、飼い主とのコミュニケーションにもなる

 

被毛の毛並が悪くなると、空気の通りが悪くなり、皮膚病などの原因になります。
また汚れていると、炎症から腫瘍まで進行する場合もあり、疎かにはできません。
特に梅雨の湿気が多い季節、逆に乾燥し静電気が起こり易い冬などは被毛が傷つきやすいため注意です。

軽くのブラッシングは毎日、丁寧なブラッシングは週2~3回、
シャンプーは月1回ほどはおこないましょう。
場合によってはトリートメントやオイルシャンプーなど特別なケアも良いです。

 

チワワは寒いのが苦手

チワワは見た目からも予想できますが、原産国がメキシコだったこともあり、
耐寒性があまり優れていません。
そのため特に冬場の寒い季節にお留守番させるときは温度管理が大切です。

寒さはケンネルコフなど風邪の原因になったり、
高齢のチワワに多い僧帽弁閉鎖不全症といった心臓病の負担にもなります。
特に寝床は犬用のヒーターなどを活用して温かくしてあげましょう。

また実は夏場も注意です。
涼しくするためエアコンを使用する方も多いと思いますが、
冷たい空気は下に溜まる特性があり、
小型犬のような位置だと人間の体感温度の-1℃~2℃くらいといわれています。
特にチワワは寒さが苦手ですから、クーラーの効きすぎも注意するとよいでしょう。

 

チワワのかかりやすい病気

チワワは先ほどの気管虚脱や皮膚病のほか、膝蓋骨脱臼僧帽弁閉鎖不全症など、

手術が必要な病気にもかかりやすい犬種です。

他にも水頭症や角膜炎、てんかん発作にもなりやすいです。

これらは先天性が原因のほとんどのため、事前に予防することは残念ながら困難。

 

その代り、早期発見・治療がとても重要になってきます。

ただ、治療・手術代も10万~30万円と高額になるため、

いざという時にでも直ぐに治療できるよう、出費対策も進めておくと良いでしょう。

 

犬の治療費は国の保険が無いため、全額負担が通常です。

任意のペット保険に加入すると安心できます。

ペット保険は沢山ありますが、チワワのかかりやすい病気をしっかりと補償し、

保険料も安く初心者向きの保険なら、

FPCのペット保険が良いでしょう。

チワワのペット保険

 

 



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ