イーペット保険の口コミ評判は良い?保険料は?

最終更新日:2018年8月28日

福岡に本拠を置くイーペット少額短期保険株式会社が運営するペット保険が、

e-ペット保険です。

会社の認知度としては決して高くはありませんが、補償内容や保険料はどうでしょうか?

詳しく見ていきます。

 

イーペットのみんなの口コミ評判は?

現在調査中です。

 

イーペット保険のプランは?

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責加入可能年齢更新可能年齢
e-ペット7070%60万1日限度額・日数・回数制限無し無し満10歳まで終身
e-ペット5050%60万1日限度額・日数・回数制限無し

 

保険プランは全部で2つ、補償率50%と70%になります。

両プランともに年間最大補償額以外制限のない補償タイプで、

その年間最大補償額が両プランで同額なのが他社とは違う特徴になります。

 

賠償責任特約(+130円/月)

イーペット保険ではオプション特約として、

付加保険料130/月(年払い1,440円)を支払うことで、賠償責任を補償してもらえます。

賠償責任補償は飼っているペットが、

対人、対物、対ペットなどに賠償が発生する事故を起こした場合に、

一定額補償金が出る制度です。

1事故あたり最大500万円まで補償してくれます。

 

請求方法はどうなっている?

イーペット保険は窓口清算に対応しておらず、

後日郵送にて請求となります。

ホームページから「保険金請求書」と「診療明細書」をダウンロードし、

動物病院にて必要事項を記入してもらい、

動物病院の領収証とともに会社に送付します。

 

保険料はどうなのか?

保険料はどうなっているでしょうか?

見ていきましょう。

※横にスライドできます
※ポイントをクリックすると詳しい保険料が見えます。

 

保険料は0~2歳までゆるやかに下がり、3歳以降から値上がりする形です。

そして3歳以降の値上がりの上昇率が2段階になっています。

3~10歳はゆるやかに、10歳以降から急上昇ししていきます。

そのため若い時は安めですが、高齢のペットには高い保険料となっています。

各社との総保険料を比較してみましょう。

下記は0歳から13年間の総保険料比較です。

保険料重視プラン(各社の最安プラン)

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
7位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
8位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
9位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
10位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
14位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
15位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
5位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
6位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
11位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
12位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
13位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
14位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
3位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
11位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
12位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
13位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
14位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
6位 アクサダイレクト:322,560円(平均:2,068円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
11位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
12位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
13位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
14位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
15位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)

※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償高プラン

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
13位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
14位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
15位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
10位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
13位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
14位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
6位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
12位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
13位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
14位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 アクサダイレクト: 432,960円(平均2,775円)
10位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
14位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
15位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)

※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

保険料重視プランは各社の医療保険で最も安いプランを比較していますが、

小型犬と猫が若干安いほうではあるものの、全体的に保険料の魅力では劣ります。

補償高プランは補償率70%以上で最も安いプランを比較していますが、

こちらになるとむしろ高めの分類に入ってしまいます。

やはり3歳以降の値上がり+10歳以降の保険料の急増が要因です。

保険料で選ぶのであれば若いうちだけの加入が良いでしょう。

 

4つの割引制度で安くはなるものの

上記は通常の保険料比較ですが、

イーペットでは4つの割引制度が用意されています。

  • インターネット割引 5%
  • マイクロチップ割引 3%
  • 多頭割引 3%割引
  • 無事故継続割引 5%

それぞれ条件を満たさなければ割引は受けられませんが、

インターネット割引は、ネット経由で申し込むだけですので、

比較的簡単です。

またマイクロチップも最近では埋め込む飼い主さんも多いですね。

これだけで8%割引になるので、そうなると小型犬と猫の場合は保険料の優位性も出てきます。

また無事故継続割引は1年間保険金の受け取りがなければ、

次年度の保険料が割引になりますので、

比較的5%の割引は継続して受けることも可能です。

イーペット保険に限った割引制度ではありませんが、

加入を検討しているのであれば、是非割引制度をチェックしてみてください。

 

補償はどうなのか?

保険料の観点ではまあまあという印象ですが、

補償内容はどうでしょうか?

 

初回のケガは全額補償は面白いけど

e-ペット70プランではイーペット保険だけ特有の、

「初回のケガについては100%補償」という補償内容がついてきます。

他には見受けられない制度なので面白いとおもいますが、

残念なのが「ケガ」に限定されていることです。

ペットの治療事情では圧倒的に「病気」に起因するものが多いからです。

そのためこの制度を活用することはそこまで多くないでしょう。

できればこの制度を廃止し保険料をより安くするか、

「病気」も対象にしてもらえると嬉しいですね。

e-ペット70プランは年間最大補償が微妙

e-ペット70プランのもう一つ気になるのが年間最大補償です。

イーペット保険では全プランで年間最大補償を統一という形ですが、

そのために補償率70%プランとしては低い金額なのです。

下記は国内人気ペット保険会社の年間最大補償額を比較したグラフです。

※横にスクロールできます
※棒線をクリックすると金額が表示されます

 

補償率高プランでは最低ラインが70万となっていますから、

イーペット保険の60万は最下位の年間最大補償となります。

そのうえ保険料は高め傾向ですから、e-ペット70プランはまったくおすすめできません。

検討するならe-ペット50プラン

逆にe-ペット50プランの年間最大補償60万は、

最低ラインの50万よりも上なので、若干の優位性があることがわかりますね。

保険料も高くはありませんので、イーペット保険を選ぶならe-ペット50プランでしょう。

ただ保険料がより安く、年間最大補償もより高い保険会社もあるため、

一番良いプランというわけではありません。

年間最大補償意外の制限が無いのは良い

ペット保険では1日の支払い上限を決める1日限度額と、

通院、入院、手術を何回・何日まで補償するか?という回数・日数制限がありますが、

イーペット保険ではそれがありません。

そのため長期通院や高額治療にも対処できるため、補償が使いやすいのがメリットです。

ただこちらも今では他社でもほとんどが制限無しの傾向にあり、

決して優位性があるわけではないでしょう。

 

イーペット保険はおすすめ?

個人的には他社を選ぶほうが良いかな?という印象です。

保険料、補償内容ともに優位性があまりないからです。

特に中型犬、大型犬の飼い主さんは保険料が高いので他社をおすすめします。

もしどうしても加入するのであればe-ペット50プランで、

小型犬か猫の飼い主さんが良いです。

とはいえ特別な思い入れがなければ、他社のほうが魅力的な保険はあるなと思います。

 

もしまだどれにしようかわからない、イーペット保険以外の保険も比べてみたいということであれば、

後悔の無いように、他のペット保険もチェックしてみてはどうでしょうか。

当サイトでも国内人気ペット保険商品の特徴を比べ、おすすめな保険をランキングにしていますので、

よけしければ参考にしてみてくださいね。

ペット保険ランキング

イーペット保険の口コミ



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:0



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ