アクサダイレクトのペット保険デメリットは?口コミの評判や保険料を解説

アクサダイレクトといえば自動車保険などで有名ですが、ペット保険も取り扱っている会社です。

実際その補償内容はどのようなものか?評判はどのなのでしょうか?

 

口コミ評判はどう?

気になるのは実際にアクサダイレクトを利用した人たちの声ではないでしょうか?

そこで今回インターネット上でアンケートをとり、その結果を紹介したいと思います。

どうしてアクサダイレクトを選んだの?

1位:加入保険料の安さ
2位:通院、入院、手術補償がある
3位:知名度があったから
4位:補償率が良い

ここは改善してほしいなあと思うところは?

1位:窓口清算にしてほしい
2位:保険料の値上がり
3位:掛け捨てのところ
4位:加入年齢制限

アクサダイレクトに入ってみて思ったことを教えて?

保険に加入する前、当時7歳のミニチュアダックスフントが椎間板ヘルニアを患い、医療費と介護費に総額100万円程かかってしまいました。家族総出でお金をかき集め、どうにか今も元気に生活をしてくれているのですが、自分たちの生活は圧迫され、成人式の振袖を買うどころか、借りる事もできなくなってしまい、今でも後悔する事があります。その犬が通院しなくなり、別の犬が狂犬病の予防接種をするため、動物病院へ赴いた際、ペット保険の事を知りました。病気によって保障金額は変わりますが、月額1500円程で病気の際に50~70%の医療費を補償してくれるというので、とても興味がわきました。実際に病気をした犬は加入できませんでしたが、同居している元気な犬たちは加入できたので、万一に備え、加入しました。
また、病気を患った事により、当時、私も家族も気が動転してしまい、椎間板ヘルニアの治療にかかる相場を調べるゆとりがありませんでした。ペット保険の加入前に、病気を患った事がある友人・知人に医療費の話を聞いたところ、手術をし、保険未加入であっても50万円未満が多い意見でした。それをきっかけに、自分と犬に合った動物病院を探す様になりました。この保険は、どの動物病院でも保険が利くので、私の様に病院探しをしている人にはピッタリの保険です。
(20代女性)
我が家の犬は、小型の室内犬です。初めてペットを飼ったので、正直、ペット用の保険があることを知りませんでした。保険の存在を知った後も、特に加入は考えていなかったのですが、友人が飼っている犬が手術をしてとんでもなくお金がかかったと聞き、保険への加入を考えました。
子犬の時に処置できるものは終えたのですが、その時、お医者さんにも保険加入したほうが安心ですよ、と言われました。
犬も昔よりはずっと長生きするようになり、そのぶん病気のリスクも高くなるようです。また、我が家は高齢の両親がペットの世話をしているのですが、できるだけ将来かかるであろう治療費は抑えたいと思いました。
いくつかの保険会社から資料をもらい、保険の掛け金や保障内容を両親と検討して加入しました。
今はまだ大きな怪我も病気もしていないのですが、これからもしも何かあったとき、保険に加入しているという安心感はありますし、できる限りの処置をしてあげられると思います。
できるだけ長く一緒に暮らしたいので、ペット保険で安心感を得られて良かったです。
(30代女性)
加入年齢制限はどこでもやめていただきたい。それだけで保険選びは難航してしまうのです。
確かに、小型犬でさえ7歳を越えてしまえば人間年齢でアラサーだけど、だからこそ病気やケガの率が高くなって病院にかかる事が増えるのだから。
中には自費負担を考え、安い治療費で診てくれる病院も多いし、狂犬病のワクチンはタダ、爪切りや肛門腺しぼりならサービスなんてところも少なくないといいますが、それも探すのは本当に一苦労ですね。
日本はそういう意味で、まだまだイギリスなどに比べると動物に対してとても厳しい環境であると思います。
(20代女性)

ペット保険の補償内容と保険料

アクサダイレクト ペット保険

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責加入可能年齢更新可能年齢
いぬのきもち保険、プラン7070%70万通院、入院、手術で通算70万
※回数、1回あたりの限度額無し
-満8歳まで終身
いぬのきもち保険、プラン7050%50万通院、入院、手術で通算50万
※回数、1回あたりの限度額無し
-

 
アクサダイレクトは補償率の違いで2つプランが用意されています。

ペット保険には保険金支払いにおいて1回あたりと回数に制限を設けるタイプと年間単位で制限を設けるタイプの二つがあります。

アクサは後者のタイプなので、細かく頻繁に治療を受ける場合や大きな手術になった場合でも、

制限にかかりにくいため、十分な補償を受け取ることができます。

 

保険料は通常、小型犬・中型犬・大型犬といった分け方で保険料が違ってきますが、

アクサダイレクトはトイプードルやチワワなど小型愛玩犬を含む血統腫、

ミックス犬(いわゆる雑種や)他血統腫の子(ハーフ犬)、

ブルドッグやセントバーナードなどブリード犬で分かれています。
アクサダイレクト犬種別料金表

猫は血統種とミックスの2種類に分類されます。

※横にスライドできます
※ポイントをクリックすると詳しい保険料が見えます。

 

ペット賠償責任特約:+月90円

上記プランに加えて、ペットが他人や物に危害を加えたときに、補償を受けられる特約を付けることができます。

法律上賠償責任が発生した時に1回あたり最大1000万円まで補償を受けられます。

請求方法は?

窓口清算には対応しておらず、後日郵送にて請求します。

  • ペットの写真やマイクロチップ
  • 指定の治療費用保険金請求書
  • 治療費の領収書または動物病院発行の明細書、診療明細記入書

を用意の上、保険会社に郵送します。

デメリットはなに?

ここからはアクサダイレクトのペット保険のデメリットとメリットをお話していきます。

まずはデメリットから。

小型犬種(血統腫)では他社より保険料が高め

雑種では他社より安くて補償が手厚いですが、トイプードルやチワワ、ポメラニアンなどいわゆる小型愛玩犬など血統種の場合は、

補償内容から見ると少し割高感があります。

下記は国内人気会社の総保険料と平均月額保険料を比較した表です。(13年間)

保険料重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 332,400円(平均2,131円)
2位 SBIいきいき少短: 334,800円(平均2,146円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 343,920円(平均2,205円)
4位 ペッツベスト: 347,280円(平均2,226円)
5位 日本ペットプラス: 359,280円(平均2,303円)
6位 イーペット保険: 408,600円(平均:2,619円)
7位 ペット&ファミリー: 419,880円(平均2,692円)
8位 イオンペット保険: 447,840円(平均2,870円)
9位 日本アニマル倶楽部: 449,280円(平均2,880円)
10位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
11位 日本ペット共済: 465,600円(平均2,985円)
12位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
13位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
14位 アニコム: 526,800円(平均3,377円)
15位 アイペット: 608,040円(平均3,898円)
1位 FPC: 358,920円(平均2,301円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 392,880円(平均2,518円)
3位 SBIいきいき少短: 394,200円(平均2,527円)
4位 日本ペットプラス: 401,760円(平均2,575円)
5位 ペット&ファミリー: 448,320円(平均2,874円)
6位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
7位 イーペット保険: 469,320円(平均:3,008円)
8位 ペッツベスト: 495,480円(平均3,176円)
9位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
10位 日本アニマル倶楽部: 572,520円(平均3,670円)
11位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
12位 アイペット: 635,040円(平均4,071円)
13位 アニコム: 647,160円(平均4,148円)
14位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)

1位 FPC: 372,000円(平均2,385円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 427,560円(平均2,741円)
3位 アクサダイレクト: 459,120円(平均2,943円)
4位 日本ペットプラス: 461,160円(平均2,956円)
5位 もっとぎゅっと: 496,800円(平均3,185円)
6位 ペッツベスト: 518,760円(平均3,325円)
7位 SBIいきいき少短: 530,400円(平均3,400円)
8位 ペット&ファミリー: 532,080円(平均3,411円)
9位 イーペット保険: 538,320円(平均:3,451円)
10位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
11位 イオンペット保険: 667,760円(平均4,345円)
12位 アニコム: 750,960円(平均4,814円)
13位 日本アニマル倶楽部: 817,440円(平均5,240円)
14位 アイペット: 1,022,520円(平均6,555円)
1位 ペッツベスト: 228,960円(平均:1,468円)
2位 SBIペット保険:265,800円(平均:1,704円)
3位 PS保険:303,480円(平均:1,945円)
4位 日本ペットプラス:305,760円(平均:1,960円)
5位イーペット保険: 319,560円(平均:2,048円)
6位 アクサダイレクト:322,560円(平均:2,068円)
7位 FPC:327,600円(平均:2,100円)
8位 もっとぎゅっと:354,120円(平均:2270円)
9位 楽天(あんしんペット):359,160円(平均:2,302円)
10位 日本アニマル倶楽部:374,400円(平均:2,400円)
11位 ペット&ファミリー:378,720円(平均:2,428円)
12位 アニコム:441,600円(平均:2,831円)
13位 日本ペット共済:465,600円(平均:2,985円)
14位 イオンペット保険:499,440円(平均:3,202円)
15位 アイペット:531,960円(平均:3,410円)
※各社の免責金額なし、医療保険における最安プランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償重視プランの比較

小型犬中型犬
大型犬
1位 FPC: 407,400円(平均2,612円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 444,360円(平均2,848円)
3位 SBIいきいき少短: 468,720円(平均3,005円)
4位 楽天(あんしんペット): 488,400円(平均3,131円)
5位 日本アニマル倶楽部: 491,400円(平均3,150円)
6位 日本ペットプラス: 502,680円(平均3,222円)
6位 ペット&ファミリー: 502,680円(平均3,222円)
8位 イーペット保険: 542040円(平均:3475円)
9位 日本ペット共済: 567,600円(平均3,638円)
10位 イオンペット保険: 569,160円(平均3,648円)
11位 ペッツベスト: 591,480円(平均3,792円)
12位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
13位 アニコム: 716,640円(平均4,594円)
14位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
15位 アイペット: 790,320円(平均5,066円)
1位 FPC: 439,560円(平均2,818円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 507,240円(平均3,252円)
3位 SBIいきいき少短: 551,880円(平均3,538円)
4位 ペット&ファミリー: 555,600円(平均3,222円)
5位 日本ペットプラス: 562,560円(平均3,606円)
6位 楽天(あんしんペット): 591,480円(平均3,792円)
7位 日本アニマル倶楽部: 630,240円(平均4,040円)
8位 イーペット保険: 637,320円(平均:4,085円)
9位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
10位 ペッツベスト: 709,680円(平均3,562円)
11位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
12位 アニコム: 775,560円(平均4,972円)
13位 アイペット: 858,360円(平均5,502円)
14位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
1位 FPC: 455,400円(平均2,919円)
2位 ペットメディカルサポート(PS): 566,520円(平均3,632円)
3位 日本ペットプラス: 645,360円(平均4,137円)
4位 楽天(あんしんペット): 663,240円(平均4,252円)
5位 アクサダイレクト: 668,160円(平均4,283円)
6位 ペット&ファミリー: 699,000円(平均4,481円)
7位 もっとぎゅっと: 723,600円(平均4,638円)
8位 ペッツベスト: 733,440円(平均4,702円)
9位 イーペット保険: 741,480円(平均:4,753円)
10位 SBIいきいき少短: 742,560円(平均4,760円)
11位 イオンペット保険: 892,440円(平均5,720円)
12位 日本アニマル倶楽部: 904,800円(平均5,800円)
13位 アニコム: 1,027,200円(平均6,585円)
14位 アイペット: 1,370,280円(平均8,784円)
1位 楽天(あんしんペット): 359,160円(平均2,302円)
2位 SBIいきいき少短: 372,120円(平均2,385円)
3位 ペットメディカルサポート(PS): 391,680円(平均2,511円)
4位 ペッツベスト: 396,840円(平均2,544円)
5位 FPC: 401,280円(平均2,572円)
6位 日本アニマル倶楽部: 400,920円(平均2,570円)
6位 イーペット保険: 400,920円(平均:2,570円)
8位 日本ペットプラス: 427,680円(平均2,742円)
9位 アクサダイレクト: 432,960円(平均2,775円)
10位 ペット&ファミリー: 444,120円(平均2,847円)
11位 もっとぎゅっと: 516,720円(平均3,312円)
12位 日本ペット共済: 536,400円(平均3,438円)
13位 アニコム: 592,920円(平均3,801円)
14位 イオンペット保険: 642,000円(平均4,115円)
15位 アイペット: 687,480円(平均4,407円)
※各社の免責金額なし、医療保険における補償率70%以上のプランを比較。
※補償内容は一律ではありません。
※ペッツベストのみ免責金額あり

 

補償内容で回数や1回あたりの限度額無しという条件は、たとえばペッツベストのほうが圧倒的に安く、

さらに補償率もアクサダイレクトが50%に対し、ペッツベストは80%です。

また回数や1回あたり限度額があるところも、ペット医療を加味した上でアクサより安く、十分な補償を受けれるところが沢山あります。

個人的意見としては小型犬種の場合はアクサダイレクトはおススメしません。

ガンの待機期間が特に長い

ペット保険では契約成立後、一定期間は補償を受けられない待機期間というものがあります。

ペット保険の待機期間とは何?無しの会社はある?

アクサダイレクトではこの待機期間がケガとガンそれぞれ30日間と120日間です。

そのため補償を受けられるようになるまで時間がかかるのが難点と言えます。

特にガンの120日間は他社と比べても長めで、ここに申し込みから契約成立までの期間もありますので、

体感的にはかなり長い間ガンが補償されないという感じです。

ガンは犬猫ともに一番死亡リスクのある病気ですので、

少々不安ですね。

目立った特徴が無い

良い意味でも悪い意味でもそつなくまとまっているという補償内容です。

保険料は決して安くもないが、高すぎるわけではない、

補償率も年間最大補償も平均的という感じで、よくも悪くもないって感じです。

そのため例えば保険料がとても安い、補償率が高い、補償内容が充実しているといったメリットがないので、

特別お勧めできないというのがデメリットになっています。

メリットは?

では良い点はどんなところがあるのでしょうか?

雑種やハーフ犬にお得なプランになっている!

雑種の場合、ほとんどが中型犬の体躯に属するため、他社のプランでは小型犬よりも高い保険料になります。

ですが、アクサダイレクトは過去の統計上、雑種は病気になりにくいという判断から、

最も安い保険料で補償を受けることができるのです。

ですが補償内容は変わりませんので、保険料と補償内容のバランスがとても良くなります。

 

下のグラフは、一般的な雑種の体重(11~17kg)で、通院・入院・手術補償、免責無しの各社が用意する最安プランを比較しました。
※但し、ペッツベストは免責あり、あうて保険は通院補償無しプランです。(それしか無いため)、また非公開の保険料は記載していません。

 

 0歳1歳2歳3歳4歳5歳6歳7歳8歳9歳10歳11歳12歳13歳14歳15歳16歳
アクサダイレクト1,7901,7101,6601,7301,9102,1302,4202,7403,1003,4003,5003,5603,6103,5103,0203,0203,020
アニコム2,6802,5602,5702,6702,9303,2803,6404,0504,3604,5404,6604,7404,7904,8204,8404,8504,850
ペッツベスト1,8701,9701,9902,0102,0202,1402,2102,2902,3202,4202,4902,5702,6402,7202,7702,8702,940
アイペット2,6602,6502,6302,8403,0703,3103,5503,9104,5505,2405,9706,7407,640非公開非公開非公開非公開
FPC1,5901,5901,5901,5901,5902,3902,3902,3902,3902,9202,9202,9203,6403,6403,6403,6403,640
ペット&ファミリー2,2102,0702,0702,0703,1203,1203,1203,1203,2203,2203,2204,2004,2004,2004,2004,2004,200
PS保険1,6701,6701,6702,2202,2202,2202,8702,8702,8703,0203,0203,0203,4003,4003,4003,4003,400
もっとぎゅっと2,7552,7552,7552,6652,6652,6653,6453,6453,6454,8954,8954,8955,8955,8955,8955,8955,895
ガーデン2,2002,1302,0702,0002,0602,1302,2002,5102,8303,1603,240非公開非公開非公開非公開非公開非公開
あうて2,0001,8401,6701,8702,0702,2702,9303,5904,2504,8705,490非公開非公開非公開非公開非公開非公開
あんしんペット2,8602,8102,7602,6102,7403,1203,5403,9904,3704,7405,0905,3205,3405,5205,8506,0506,010
日本アニマル倶楽部4,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0404,0405,8405,840

 

11~17kgの雑種の場合、ほとんどの会社が中型犬に属するため、保険料はちょっと高めに。

アクサダイレクトは逆に安くなる設定なので、他社よりも低い位置で保険料が変わっているのがわかると思います。

高齢になってからの保険料が安め!

アクサダイレクトのもう一つの特長が12歳をピークに徐々に下がり、以後安い保険料で一定な点にあります。

普通は高齢になるほど愛犬の病気リスクがあがるため、保険料は上昇し、高い位置で一定になるのが一般的です。

最近では動物医療や食事が進歩したこともあり、20歳以上生きる犬も出てきています。

一生涯加入することを考えると、この保険料は大変うれしい設定です。

24時間いつでも無料で獣医師に相談できる!

愛犬が体調を崩したり、おかしい症状が見つかるととても不安になるものです。

犬はしゃべることができませんし、我慢強いため、どうしても素人視点ではいったいどうしたのかわからないですよね?

そんな時、アクサダイレクトはペット健康相談サービスというものを実施しています。

電話でいつでも無料で獣医師さんに相談できるサービス。

初めてペットを飼う不慣れな人には特に心強いのではないでしょうか。

どんな人におすすめか?

アンケート調査の結果、加入保険料の安さという点が目立ちました。

ただ実際他社と比較してみると、雑種の場合や安いですが、小型犬種は特別安いわけではありません。

これらの点を踏まえると、アクサダイレクトがおすすめな人は、

  • 雑種を飼っている人
  • 知名度があり、安心できるところが良い
  • 成犬期(4~7歳)は高くても、高齢になってから安いのが良い
【犬・猫・目的別】全18社ペット保険おすすめ比較ランキング

 

アクサダイレクトペット保険の口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA