犬の胃腸炎の治療費と手術費用は?【保険対策のすすめ】

最近では犬用のプロバイオティクスを取り入れた胃腸サプリメントが登場するほど、
食事が多種多様になった分、胃腸の病気にもかかり易くなっています。
胃腸炎には急性と慢性型があり、急性の場合は食中毒や異物誤飲、感染症が主な原因、
慢性の場合は、老化による機能低下、ストレスや添加物の摂取、他の病気からの併発などがあげられます。

胃腸炎の治療はどんな感じなの?

急性胃腸炎の場合

食中毒や異物誤飲による急性胃炎の場合、嘔吐させたり中和させる薬の処置をおこないます。
鋭利な異物、危険な異物の場合は開腹手術や内視鏡による外科手術も行います。

感染症による急性胃炎は点滴処置と伴に12~24時間ほど食事制限もしくは絶食をおこない消化器系を休めます。
また症状によっては制吐剤など薬剤を投与します。

慢性胃腸炎の場合

内視鏡検査などで原因を特定するところから始めます。
尿毒症や胃潰瘍などが胃腸炎の原因のケースもあり、それぞれに応じた対処をしていきます。

胃腸の機能低下やストレスなど、他の病気の併発ではない場合は、
萎縮性胃炎、びらん性胃腸炎などの場合は胃腸を守る薬(粘膜防御剤)、
逆に肥厚性胃炎など胃酸過多なら(制酸剤)などを投与し、
必要に応じて働きを助ける運動促進剤を使います。
加えて食物繊維・脂肪分が少ない食事療法によって回復を図ることが多いでしょう。

放っておくと他の病気や最悪死にいたることも

異物誤飲による急性胃腸炎の場合、それが危険な異物なら、
ショック症状や胃に穴が開いてしまう胃穿孔、腸が詰まる腸閉塞になる可能性もあり、大変危険です。
特に泡を吹いている、血液交じりの嘔吐、脱水症状が見られたら直ぐに病院にいきましょう。

慢性の場合であっても、胃腸状態の悪化は直腸ポリープや胃・大腸ガンへの基礎原因になります。
食欲低下や意欲減退、嘔吐など特に高齢犬の場合は徐々に衰弱してしまうので、
早期治療がとても大切になります。

治療費はどのくらいかかるの?

急性の場合、外科手術や点滴といった処置が必要になることが多いです。
その場合、病院によって相場はバラつきますが、

  • 診察料 800~1500円
  • 手術(内視鏡or開腹) 100,000~200,000円
  • 入院費(点滴付き) 1日10,000~13,000円、1~3日程度
  • 内視鏡検査 12,000~14,000円/1回
  • 血液検査 6,000~10,000円/1回
  • 内用薬や医療食 15,000~20,000円/月

ぐらいが相場になります。
異物誤飲による急性胃腸炎の場合は特に異物を取り出す内視鏡・開腹手術費が10万以上と高額です。
加えて、食事制限に伴う点滴と入院、異常が無いか調べる血液検査、
以後の内用薬や医療食などで、20万以上かかるケースもめずらしくはありません。

慢性の場合は原因により対処法が異なりますが、主に検査項目が多くなる傾向にあり、
内服薬と医療食と伴に合わせると初診は5万程度、その後の診察一回3,000~6,000円程度でしょう。
そして数回、場合によっては数か月は定期的に通う必要があるため、計10万以上になってしまうケースもあります。

 

このように胃腸炎といえど、想像以上に愛犬の治療費は高くなり、

実際に請求書を見てびっくりする飼い主さんも多いようです。

犬の治療費は人と違い、全額負担というのが高額になる大きな要因です。

また胃腸炎に限らず、愛犬の実に90%が病気やケガで何らかの治療を受けたことがあるという結果もあります。

治療の平均回数

犬も長生きになった分、治療する機会は増えている傾向にあるので、

いざという時、治療費に困らないためにもペット保険など治療費対策もしておくと安心です。

ペット保険には色々ありますが、

胃腸炎のような高額な手術も長引く治療でもしっかりと補償してくれるところなら、

FPCペット保険が一番おすすめです。

 

安くて安心のペット保険



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ