犬の皮膚炎の治療費と出費対策【痛い支払いになる前に】

犬の病気で多いのが皮膚炎です。特にアレルギー性の皮膚炎は近年急増しています。
皮膚炎は抵抗力の弱い子犬や高齢犬が特になりやすい病気です。
では、治療費はどのような感じなのでしょうか?

特になりやすい犬種

トイプードル、柴犬、キャバリア、ゴールデンレトリーバー、ミニチュアピンシャー、ジャックラッセルテリア、
ボーダーコリー、ホワイトテリア、イングリッシュコッカースパニエル、ダルメシアンなど

皮膚炎かもしれない症状

皮膚炎かどうかを見るための症状の特徴をまとめています。
一つでも該当するなら、疑わしいです。

  • 円形脱毛している
  • 腰の背中、尾の付け根、脚の付け根などが脱毛している
  • 顔や両耳、内股、足先、脇の下などが脱毛している
  • 急に脱毛した
  • 肛門両側の肛門膿から悪臭がする

皮膚病は脱毛箇所や皮膚の変色具合などで原因がことなってくるため、
症状が見られたら獣医師に診察することおすすめします。

皮膚炎の治療はどのような感じ?

一口に皮膚炎と言っても原因や症状、かゆみ・脱毛箇所によって色々とあります。

病名原因症状・場所
アトピー性皮膚炎何か特定のアレルゲンを吸入することで免疫異常を起こし発症します。
アレルゲンは、花粉、ダニ、ハウスダストなど様々です。
脇や下腹部、外耳、眼の周り、足先などに左右対称に皮膚が赤くなります。
食物アレルギー食べ物の特定の成分に対して身体が過剰反応することでおこる病気です。赤みを伴った皮膚のかゆみが起こる。
主に耳、四肢の先、鼠蹊部、わきの下、顔、前胸部などにかゆみがでます。
ノミアレルギーノミの唾液に含まれるたんぱく質成分に反応しておこる皮膚炎です。かゆみや丘疹と呼ばれる小さな赤いぶつぶつができます。
特に身体の後半の背中側、尾の付け根に集中しておこります。
脂漏症皮膚の新陳代謝に異常がおこり、フケの多い乾燥した肌もしくはベトついた肌になる病気です。ベトつく脂性の場合はきつい臭いがします。
かゆみはマズル、首、肘の内側、わきの下、陰部の周囲、指の間などです。
膿皮症ブドウ球菌が主体でおこる皮膚感染
詳しくは膿皮症についてを参照
-
ニキビダニ症ニキビダニが毛穴に侵入、寄生しておこる皮膚炎です。かゆみはほとんどありませんが、皮膚が赤くなったり、ふくれたり、化膿したりします。
主に前脚、頭部がおおいです。
疥癬症(かいせんしょう)ヒゼンダニが毛穴から侵入、寄生しておこる皮膚炎です。激しいかゆみを伴います。
肘や耳の先端に特におこりやすく、炎症や脱毛もおこります。
真菌症いわゆる水虫です。大小胞子菌などのカビが感染しておこります。
人畜共通のため、人からも感染しますし、飼育環境から感染することもあります。
膿疱や水疱が広がり、円形の脱毛がおこることがあります。

皮膚炎の原因は大きく分けて2種類あり、
アレルゲンによるアレルギー性と菌による寄生が原因のものがあります。

基本的にどちらもかゆみや化膿箇所を解消する治療をおこない、
併せて原因を特定取り除くこと、もしくは遠ざける処置をとっていきます。

アレルゲンの場合はノミやダニ、食事、ハウスダストなど色々考えらえるので、
原因を特定し取り除くとともに、
抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤等を投与してかゆみを抑えます。

また添加物や有害物を排除した食事療法、専用のシャンプーやローションで、
皮膚を守るケアを行います。

菌性の場合は抗菌剤や軟膏などを処方し、合併症がある場合は適宜治療していきます。
基本は清潔が大事ですので、飼育環境の改善もおこないます。

原因を見極め適切な処置をほどこさないといけません。
また複数の合併症を伴っている場合もあるため、検査は念入りになります。

放っておくと、全身に広がり他の病気の原因にも

初期の皮膚病は面積も小さく、飼い主さんも見落とす場合があるほど些細な状況に見えます。
ですが、安易に放っておけば皮膚の全体に広がり、かゆみや痛みで苦しむことになり、
ひっかくことでさらに細菌に感染する恐れまであります。

また抵抗力が弱まっている状態ですので、最悪、悪性腫瘍の原因になることもありますから
少しでも異変に気づいたら早めに動物病院へ治療にいくことをおすすめします。

治療費はどのくらいになるの?

通院治療がメインになります。
病院によって費用に差はありますが、一般的な相場としては、

  • 診察料:500~1000円
  • 各種検査代:18000円~40000円
  • 採血料:1000円
  • 内服薬:1000円(1週間分)
  • 外服薬:1000円~3000円
  • 処方食:2500円~7000円(1か月)
  • シャンプー:1000円~3000円
  • 薬浴、消毒:3000円~6000円
  • 処置料(毛刈り):500~4000円

といった治療費になります。
初診では原因特定のための検査を行うことが多く、血液検査・アレルゲン検査・細菌検査など9種目ほど行うため、
初診は数万単位の治療費になります。

通常は内服薬と塗り薬など外服薬をメインとし、進行具合によって薬浴や消毒、処方食やシャンプーなど追加の
治療も必要になり、平均で15000円ほどになるでしょう。

平均3か月ほど治療には必要で、10日おきの再診が一般的ですから
15000円×3回=45,000円/月、
治療費平均 45,000×3か月=135,000円が総額となります。

 

犬の治療費は国の保険はありませんから、自己全額負担が基本です。

場合によっては3カ月以上治療にかかったり、他の病気を併発したりすれば、

より高額な治療費になる可能性もあります。

 

しかし放っておくことはできませんから、もしもの時のためにペット保険に加入しとくと良いでしょう。

アンケート調査によれば、

飼い犬の実に90%以上が病気やケガで病院治療を受けているそうです。

犬の治療費平均

ペット保険は色々な種類がありますが、

補償回数制限が多く、こうした皮膚炎の治療費をしっかりとサポートしてくれる、

FPCペット保険が最適です。

安くて安心のペット保険



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ