犬の尿路結石の治療費と手術費用は?【出費対策を進めよう!】

犬の病気で多いひとつが尿路結石です。
腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石など種類が多く、
オスメス関係なく結石はできますが、オスのほうが重病になりやすいです。

原因は食事の偏食、水分摂取量の減少、高齢による尿のphバランスの変化、
腎臓病など他の病気からの併発、尿道の細菌感染など様々です。

 

どこの箇所にできやすい?

結石が出来る場所は、腎臓、尿管、膀胱、尿道になりますが、

主に尿が長時間とどまりやすい膀胱結石です。オスは尿道にもできやすい傾向と言われています。

また今回結石治療経験のある飼い主さんにアンケートを取ってみました。

やはり膀胱がおおく、次に尿道という結果になっています。

 

死に至る病気を引き起こす原因にも

結石は初期段階では症状もそれほど大きくなく、飼い主さんが気づかないことも多いです。
ですが、悪化をすると尿の排泄ができなくなったり、毒素が体内にたまりやすくなり、
尿毒症や膀胱破裂といった重大な合併症になる可能性があるため、
早期治療がとても大切です。

トイレが長い、回数が多い、尿が少ししか出ない、おしっこ時に痛そうに泣く、尿が濁っている、
血が混じるといった症状が見られる場合は、結石が大きくなっている可能性が高いので、
直ぐに獣医師に相談してください。

予防に関しては、カルシウム、マグネシウム、リンなどミネラル過剰摂取を割けたバランスの良い食事、
適度な水分摂取、おやつをあげすぎないなど日々の食事管理が重要です。
加えて、尿の回数や色、ニオイ、症状のチェックなど愛犬の健康状態をしっかりとチェックしましょう。

 

何歳から注意すべきか

症状が悪化しないためには早期発見が何よりも重要ですが、

特に何歳くらいから注意すべきなのでしょうか?

それを知るために、結石治療経験者の飼い主さんに、

何歳のときに結石ができたのかをアンケートしました。

結石というと高齢になってから多くなりそうなイメージがありますが、

既に1歳以降から一定の割合で結石になっている結果になり、

かなり幼少期からリスクがある病気ということがわかります。

結石に対する対策、食事管理や定期的な健康診断は早めのうちから行うのが良いでしょう。

 

尿路結石の治療はどのようなもの?

詰まった結石の種類や大きさ、状態によって対処法が変わってきます。

結石の種類原因起こりやすい犬種
ストルバイト結石最も多い結石。
主に尿道から大腸菌などが感染しておこる
プードル、ミニチュアシュナウザー、ビションフリーゼ、コッカースパニエル
シュウ酸カルシウム結石最近増えてきた結石。
腎臓機能低下などで、処理しきれないシュウ酸やカルシウムが蓄積されることでおこる
プードル、ヨークシャテリア、ビションフリーゼ、ミニチュアシュナウザー、シーズー
尿酸結石尿中の尿酸が増加することでおこる
主に分尿器の尿酸処理機能に問題があることで発症する。
その他肝機能不全、尿路感染症によるものも。
ミニチュアシュナウザー、ヨークシャテリア、ペキニーズ
シスチン結石酸性の尿によりおこるが原因は不明。
腎尿細管の遺伝的な問題によってシスチンが増かしてしまう
ダックスフンド、ヨークシャテリア
ケイ酸塩尿石尿が酸性傾向の時におこりやすい。
詳細な原因は不明。
ラブラドールレトリーバー、ゴールデンレトリーバー、ジャーマンシェパード、イングリッシュシープドック

 

ほとんどのケースがスツルバイト膀胱結石とシュウ酸カルシウム結石で全体の9割以上といわれています。
基本的に結石になる前の結晶段階であれば、内服薬や食事療法で対処していきます。

結石が小さい場合は、点滴などで水分を入れ尿の量を増やすことで流す、
カテーテルという器具で尿道を洗い流すといった方法があります。

しかし尿路閉鎖を起こすほど結晶が大きい場合、結石が大きく上記の処置がとりにくい、
症状が悪化して緊急性がある場合は、外科手術により取り出します。

ストルバイト結石の場合は、結石後も食事療法によって尿を酸性にし、結石を溶かしていく方法が摂れますが、
シュウ酸カルシウム結石は一度出来ると溶解しないため、摘出手術が選択されます。

 

では実際はどのような治療法になったのでしょうか。

治療経験者の飼い主さんにアンケートしてみると、

最も多いのが手術と結果に。

手術経験数は全体の約54%と半数以上になっています。

この結果は症状が悪化してから気づいたケース、内科治療が取れない結石が原因です。

そのため治療費用も高額になる可能性が高いことになります。

 

治療費はどのくらいになるの?

内服薬による治療の場合は、薬代が1日500円ほどになります。
尿路結石は再発しやすい病気のため、一度回復しても以後食事なども気をつけなければいけません。
結石ケア用の療法食は病院でも市販でも購入できます。費用は1kgで1500~2000円が相場になります。

緊急を必要とする治療の場合は外科手術が一般的です。
その場合手術代以外に、入院費や検査代もかかってきます。

  • 診察料 800~1500円
  • 手術代 60,000~100,000円
  • 入院費 1日5000~8000円、3~5日程度要
  • レントゲン 3,000~4,000円/1回
  • 血液検査 6,000~10,000円/1回
  • エコー検査 4,000~6,000円/1回

ぐらいになります。
手術の難易度、動物病院によって違いますが、
目安としては89,000円~161,000円程度が相場になるでしょう。

 

外科手術の場合も以後は食事に気を使う必要がありますし、

再度結石が出てしまい、また治療や手術が必要になってしまう場合も少なくありません。

長期に渡って治療代がかかりやすい病気といえます。

 

みんなの治療費はどのくらいに?

では実際にはどのくらいの治療費になったのでしょうか?

飼い主さんに治療費についてアンケートをしました。

5万円以上の高額治療は約半数という結果に。

病気をいつ発見できたかで、高額治療と比較的低額な治療に完全に分かれています。

中には30万円を超えるケースの方もいます。

 

治療期間については、

半年以上の長期治療になるよりも、比較的短期で治療が終わっている人が多い結果に。

短期で治療費が高額になるのは、手術治療に多く、

治療内容のアンケート結果からも、

手術治療になる飼い主さんがかなりいるということがわかります。

手術治療になれば高額治療は避けられず、しっかりとした治療費対策が必要です。

 

とはいえ適切な治療は大切ですので、ペット保険など治療費対策もすすめておくと良いでしょう。

国の負担が無い犬の治療は全額負担になるため高額になりやすいです。

またアンケート調査によれば、

飼い犬の実に90%以上が病気やケガで病院治療を受けているそうです。

治療の平均回数

尿路結石以外の病気にも対処できるよう準備を進めておくと、いざという時安心です。
 

ペット保険は色々あり選ぶのは大変ですが、安い保険料で、

尿路結石のような再発性が多い、高額な手術代にしっかりと対応して補償してくれるところなら、

FPCペット保険が最適です。

 

安くて安心のペット保険

 

一時的な高額支払いはペットローンで対応も

残念ながらペット保険に加入する前に、

既に病気になっている、治療が始まっている方はペット保険の適応はできません。

その場合は自分で治療費を捻出するほかありません。。。

そんな時はペットローンで費用を捻出するもあります。

今までは愛犬の治療費でローンが組めることはなかったため、

どうしても高額治療費を一気に捻出できない場合は、

利用を考えてみましょう。

詳細についてはペットローンについての記事をご参照ください。



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ