犬がチョコレートを食べてしまった!中毒症状、対処法【まとめ】

犬に食べさせてはいけないといわれているのがチョコレートやココアなどカカオ類です。

少しなら大丈夫でしょうか?また食べてしまったらどうれば良いのでしょうか?

犬とチョコレート

まずは中毒症状が出ているか確認しよう!

中毒の初期症状として多尿と下痢と排泄物に異常がいられます。

また嘔吐や興奮・抑うつなど精神状態が不安になることも・

さらに中毒が進むと、筋肉けいれんを起こし、呼吸困難、不整脈が起こり、

最終的には痙攣、麻痺し死に至ることがあります。

下痢嘔吐痙攣

もしチョコレートを食べてしまったら、状態をよく観察して、

いつもと違いが見られたら獣医師に診察してもらいましょう。

 

どのくらいで中毒に?致死量にいたる?

中毒は具体的にカカオに含まれる『テオブロミン』と呼ばれる、

犬には有害な物質の摂取量できまります。

 

一般的には体重1kgあたり50mg~100mgで中毒症状がおこり、

250mg~500mgと約5倍以上増えると50%の確率で死亡するといわれています。

 

ただ、テオブロミンの含有量はチョコレートの種類によって違います。

基本的にカカオの含有量がそのままテオブロミンの含有量に比例しますので、

カカオ何%のチョコレートなのか確認してください。

 

板チョコは1枚で約60g。

ミルクチョコレートなどカカオ30~40%代の場合、1枚あたり132mg~180mg

ビターチョコレートなどカカオ70~99%代の場合、1枚あたり360mg~660mg

が市販品の数値相場です。

 

一般的な犬の体重相場をみると、中毒症状は、

  • 小型犬5㎏はミルクチョコで約2枚、ビターチョコで約3/4枚
  • 小型犬、チョコ致死量目安

  • 中型犬15kgはミルクチョコで約6枚、ビターチョコで約2枚
  • 中型犬、チョコ致死量目安

  • 大型犬30kgはミルクチョコで約11枚、ビターチョコで約4枚
  • 大型犬、チョコ致死量目安

となります。

意外に許容量は多いので欠片を食べた程度では、

中毒症状が出ることは少ないです。

 

ただチョコレートの誤食の場合、

大概テーブルにあったチョコ数枚食べたなどのケースが多いです。

その場合は、必ず獣医師に診察し吐かせる処置をとりましょう。

 

また少ない量だとしても個体差はありますし、チョコレートの種類にもよるので、

愛犬の状態を良く観察しておきましょう。

チョコレートが吸収される6~8時間後からは特に注意です。

念のため数日は症状が出ないかチェックします。

チョコを食べてから注意時間

もしも食べてしまった時の応急処置は?

もっとも有効な手段は吐かせることです。

基本的には自分でやらず、直ぐに獣医師と連絡をとり、

病院で吐かせる処置をしたほうが賢明です。

 

ただ深夜など病院がやっていない場合は応急処置をするしかありません。

落ち着いて行動してください。

 

食塩を使う

食塩を飲ませて、大量に水を飲むこと促し吐かせます。

スプーン1~7を舌の上にのせてあげると、勝手に食べるはずです。

オキシドール(過酸化水素水)を使う

薄めたオキシドールを飲ませて胃内に酸素を発生させ、吐かせます。

オキシドールは薬局などで飼うことができます。

目安は体重5kgに対して1ccです。

口の端からスポイトなどでそそぎ、手で口をふさいで上を向かせると飲ませられます。

 

チョコレートの誤食はとっても多い!

数日経っても症状が見られなかったら、ほぼ心配はいらないと思います。

犬はチョコレートは大好きなため、あれば大量に食べてしまいます。

誤食しないよう注意を払いたいものです。

 

ただ今回のようなケースをいわゆる異物誤飲といいますが、

愛犬の異物誤飲による病院の通院数は約月2,000件ととても多く、

その中でもチョコレートは常に上位3位に入るほど発生が多いです。

犬の異物誤飲はとってもおおい!

そのくらい注意していても異物誤飲は起こりやすい事故ということになります。

治療費も国の保険が無いため高くなりますから、細心の注意が必要です。

 

高額な治療費になる前に、しっかりとした対策を

病院にいく場合、程度が軽い物なら良いですが、

中には緊急を要する手術や長期にわたる通院が必要になるケースもあります。

治療代も数万~数十万かかることもありますから、

いざという時のために、ペット保険など治療費対策もしておくと安心できます。

 
ペット保険ランキングへ



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ