犬がねぎ、玉ねぎを食べてしまった!中毒症状、対処法【まとめ】

犬に食べさせてはいけないといわれているのがねぎやたまねぎ類です。

少しなら大丈夫でしょうか?また食べてしまったらどうれば良いのでしょうか?

犬の玉ねぎ誤飲

 

まずは中毒症状が出ているか確認しよう!

まずねぎ類の中毒症状は2~3日ほど経過してから現れます。

なので食べてしまったら、数日は注意深く症状を観察してください。

特に目、心臓の鼓動、排泄物に注意を払います。

 

症状は主に、貧血で突然倒れてしまったり、目の結膜が白くなります。

他に排泄物に異常が出やすく、下痢や血尿、血便が見られます。

その他、痙攣や嘔吐をすることもあるでしょう。

下痢嘔吐痙攣

症状が見られたら早急に病院に向かってください。

その際は、いつ、何を、どれだけ食べたのか獣医師に伝えてください。

 

どのくらいで中毒に?致死量にいたる?

一般的には体重1kgあたり15~20gを超えると危険といわれています。

たたし、個体差があるため一概には言えません。

またねぎ自体で無くても、出汁などでも中毒を起こします。

加熱、非加熱も関係ありません。

 

一般的な犬の体重相場をみると、

  • 小型犬5㎏は75~100g(中玉ねぎ約半分、中ねぎ約1本分)
  • 小型犬、たまねぎ致死量目安

  • 中型犬15kgは225~300g(大玉ねぎ約1個、中ねぎ約2.5本分)
  • 中型犬、たまねぎ致死量目安

  • 大型犬30kgは450~600g(大玉ねぎ約2.5個、中ねぎ約6本分)
  • 大型犬、たまねぎ致死量目安

となります。

なので落ちている物をちょっと食べてしまった!というレベルなら、

症状がでる可能性は低いでしょう。

ただし、油断は禁物ですので数日は症状が出ないかチェックします。

 

もしも食べてしまった時の応急処置は?

心配であれば吐かせることで応急処置ができます。

対処法は2つあります。

ただし肝臓や臓器に問題がある病気の犬は悪化させる可能性があるので、

絶対に避けます。

 

食塩を使う

食塩を飲ませて、大量に水を飲むこと促し吐かせます。

スプーン1~7を舌の上にのせてあげると、勝手に食べるはずです。

オキシドール(過酸化水素水)を使う

薄めたオキシドールを飲ませて胃内に酸素を発生させ、吐かせます。

オキシドールは薬局などで飼うことができます。

目安は体重5kgに対して1ccです。

口の端からスポイトなどでそそぎ、手で口をふさいで上を向かせると飲ませられます。

 

注意していても発生しやすいのが異物誤飲

数日経っても症状が見られなかったら、ほぼ心配はいらないと思います。

でも念のため獣医師には相談してください。

 

今回のようなケースをいわゆる異物誤飲といいますが、

愛犬の異物誤飲による病院の通院数は約月2,000件ととても多く、

そのくらい注意していても異物誤飲は起こりやすい事故なんです。

犬の異物誤飲はとってもおおい!

治療費も国の保険が無いため高くなりますから、細心の注意が必要です。
ペット保険ランキングへ



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ