au 損保ペット保険の特徴は?【保険料の高さがネック】

犬の治療費は保険が無いためとても高額になります。

愛犬のもしもの時のためにペット保険を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ペット保険会社は国内の人気会社だけでも沢山あり、どれが一番愛犬に良いのか迷ってしまいます。

大手ペット保険会社一覧

 

その中で最近スマホでは知らない人がいないau系列のau損保のペット保険が登場しています。

具体的に補償内容はどうか?まとめてみました!

auの資料

 

au損保のペット保険の保険プランは?

au損保ペット保険

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責
コース70
(通院補償なし)
70%70万(通院)補償無し
(入院・手術):年間通算70万まで
-
コース50
(通院補償なし)
50%50万(通院)補償無し
(入院・手術):年間通算50万まで
-
コース70
(通院補償あり)
70%98万(通院)年間通算28万まで
(入院・手術):年間通算70万まで
-
コース50
(通院補償あり)
50%70万(通院)年間通算20万まで
(入院・手術):年間通算50万まで
-

au損保のペット保険では2つのプランがあり、補償率70%のコース70と補償率50%のコース50です。

一番の特徴といえるのが【通院補償が無い】プランが用意されていること。

通院、入院、手術補償よりも保険料を抑えられるプランとなっております。

ただし、犬の治療では手術や入院よりも圧倒的に通院が多くなるので、

あまり選ぶ理由がありません。

保険料安さ重視でいくなら、他社でau損保のペット保険より安く、

通院、入院、手術補償のプランは沢山あるからです。

通院補償無しプランはおすすめできない
※犬の治療では通院が圧倒的。補償外だと全額自己負担になる

 

また回数制限や1日限度額が無いため使いやすいですが、

最近では半分以上のペット保険が、回数制限や1日限度額無しなので、

特に珍しいというわけではありません。

年間最大補償額は?

年間最大補償額とは年で最高どれかで補償金が受け取れるかという金額です。

下記は人気ペット保険の補償率と年間最大補償額です。

保険会社名保険商品名最大補償額保険会社名保険商品名最大補償額
au損保ペット保険(旧あうて)コース70(通院補償なし)70万
アニコムふぁみりぃ70%プラン84万
コース50(通院補償なし)50万ふぁみりぃ50%プラン60万
コース70(通院補償あり)98万あんしんペットLプラン70万
コース50(通院補償あり)70万Mプラン70万
ペッツベストファーストプラン100万Sプラン100万
ベーシックプラン50万ガーデンプラチナプラン50~90万
アクシデントプラン50万ゴールドプラン50~90万
アイペットうちの子ライト100万円パールプラン60万
うちの子70%プラン122.4万円もっとぎゅっとスーパープレミアプラン100万
うちの子50%プラン72.8万円プレミアプラン90万
FPCFPCペット保険85万円スタンダードプラン60万
ペット&ファミリーげんきナンバーわん7070万日本アニマル倶楽部グリーンプラン117万円
げんきナンバーわん5050万プレミアムオレンジプラン66万円
げんきナンバーわんslim7070万オレンジプラン63万円
げんきナンバーわんslim5050万ブループラン31万円
ペットメディカルサポート100%補償プラン100万円ホワイトプラン60万
70%補償プラン100万円アクサダイレクトプラン7070万
50%補償プラン100万円プラン5050万

 

通院補償なしプランでは平均的ですが、

通院補償ありプランでは他社に比べて高い基準といえます。

ただし、他社と違って通院と入院・手術の限度額枠組みが別々に設けられているので注意です。

保険料はどうなの?

次に保険料です。

安さ重視の通院補償なしプランと、補償重視の通院補償ありプランをみていきます。

各社の0~10歳までの総保険料を比較した一覧です。

        

  1. 【au損保】ペット保険 プラン50(通院補償なし) 229,080円
  2. 【FPC】ペット保険 267,480円
  3. 【ペットメディカルサポート】50%補償プラン 275,160円
  4. 【ガーデン】プラチナ50%プラン 278,760円
  5. 【ペッツベスト】ベーシックプラン 284,760円
  6. 【ペット&ファミリー】プラン50 332,040円
  7. 【アクサ】プラン50 359,640円
  8. 【あんしんペット】Lプラン 373,080円
  9. 【日本アニマル倶楽部】 オレンジプラン 380,160円
  10. 【もっとぎゅっと】 スタンダードプラン 382,800円
  11. 【アニコム】ふぁみりぃ50%プラン 422,400円
  12. 【アイペット】うちの子50%プラン 448,920円
  13. 【au損保】ペット保険 プラン50(通院補償あり) 454,200円

※小型犬種、同じ補償率50%で比較した場合

 

通院補償ありプランは、高くて有名なアイペットよりも高額になり、

比較した全社中もっとも保険料が高くなります。

 

通院補償なしプランでは全社中一番安い保険料になっています。

補償範囲を狭くしたぶん、保険料が安いといえます。

ですが、ここにはひとつ注意点があります。

 

5歳以降からの値上がりがきつい!

au損保の一番の懸念点といえるのが保険料の値上がりです。

下記は年齢と保険料のグラフです。

Aグループは主に小型犬、Bグループが主に中型犬、Cグループは主に大型犬になります。

au損保ペット保険コース50保険料グラフau損保ペット保険コース70保険料グラフ
※コース50、コース70の0~10歳までの保険料グラフ

 

見てもらうとわかるように5歳以降の値上がりが大きいことがわかります。

ペット保険の加入者の中では『保険料の値上がりが大きく、支払いが大変…』という悩みを持つ方も少なくありません。

安さ重視の通院補償なしプランでも11歳以降になってくると高額になり、

他社のほうが安い可能性が高くなります。

ペット保険の失敗1
※最初は安くても後々値上がりで家計を圧迫する…

 

さらにau損保のペット保険は11歳以降の保険料が非公表というのも不安点です。

一般的には高齢になるほど保険料が値上がり、もしくは一定になるので、

au損保のペット保険は高齢犬になるほど支払いが大変になる可能性が高いでしょう。

保険料は掛け捨てですので、ここは大きなデメリットといえます。

 

320円の差で通院補償をつけるか否か

また通院補償なしプランの安さは、通院補償もあるFPCペット保険との差は38,400円です。

1ヵ月に換算すると320円の差です。

320円を多く払って通院補償をつけるか、節約して通院補償をつけるかは、

個人の判断ですが、私としては320円で通院補償をつけたほうが、

安心もできますしお得かなという印象です。

 

獣医師ダイヤルサポートは良い

正直なところ補償内容と保険料を見ると、他社のほうがおすすめです。

ただしメリットがないわけではありません。

au損保のペット保険の最大の利点といえるのが【かかりつけ獣医師ダイヤル】サービスです。

これは契約者全員に利用料無料で獣医師さんに相談できるサービス(通話料は加入者負担)。

病気のことだけでなく、しつけや食事、飼い方についてなど愛犬に関するどんな悩みでも相談できるんです♪

しかも24時間365日対応。

auのかかりつけダイヤル

実際愛犬を飼っているとわかりますが、大変な事って沢山ありますよね?

そんなとき誰かに直ぐに相談できるということは、とても心強いことです。

auの獣医師サポートダイヤル

例えば、

  • 周りで犬のことで相談できる人がいない
  • 動物病院が近くに無く直ぐに相談できない
  • セカンドオピニオンとして相談先を探している

といった人には心強いサービスです。

通常は相談料などかかる場合もありますが、無料で利用できるのはとてもお得といえるでしょう

安い保険料で補償だけでなく、無料相談の権利も得られるのは中々ありません。

大手の会社という安心感。ただし

もう一つはau損保が大手という点です。

ペット保険会社の中にはまだまだ無名なところも多く、

加入者からすると【本当にちゃんと補償してもらえるのか?】、【会社が潰れたりしないだろうか?】と、

不安になってしまいますよね?

ですがご存じのようにauといえば携帯会社としては最大手企業です。

その傘下であるau損保も、交通事故、日常のケガ、旅行保険、自転車保険など色々な取り扱っています。

 

ただし大手ならではの欠点は、保険料が高いところが多いことです。

保険料は会社の運営費を考慮して決定されるので、

大きい会社ほど運営費が多くなり、

保険料が高い、もしくは補償内容と保険料のバランスが悪くなり場合があります。

大手は保険料が高くなりがち
※保険料は会社運営費が加味されるため、保険料が高めになることもある

国内ペット保険会社は国の認可を受けなければ運営できませんので、

あまり聞いたことがない会社でも心配ないです。

運用実績がちゃんとあるところを選べば、大きな問題にはならないでしょう。

おすすめのペット保険会社はある?

ペット保険会社は沢山あり、それぞれに特徴がありますから一概にこれしかない!というものはありません。

ですが保険料が安くかつ値上がりが少ない、補償率も十分なバランスの良い保険なら、

FPCペット保険が一番おすすめです。

詳しくはFPCペット保険詳細ページを参照いただければと思います。

そのほかのペット保険会社も比較してみたいということであれば、

当サイトでは保険料と補償内容の点からおすすめのペット保険をランキングで紹介していますので、

よろしければ参考にしてみてください。

ペット保険ランキング

au損保のペット保険口コミの評判一覧



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:5

投稿者:クノック ペット保険会社: au損保ペット保険
あまり入った意味が・・・
契約したプラン : 通院ありタイプ 70%保証
愛犬の犬種: ヨークシャーテリア

体調を崩しレントゲンと血液検査をした時に、動物病院での支払いが¥24,000を超えたくらいの金額になりました。その後に何度か通院することもありかなり費用がかさみました。結果としてそれは病気ではなくてストレスではないかと判断されました。通院終了後、保険に加入し「通院ありタイプ」にしたものの、補償内容が70%だけしかなく月々の金額も¥3,000以上でしたので結果として割高感が残り、実際にはお得にはならないような気がしました。シニア犬になったら通院などの回数も増えるのかもしれませんが、今は特に保険は必要なかったかなと思いました。

投稿者:スクミー ペット保険会社: au損保ペット保険
手術の際に助かりました
契約したプラン : 通院なしタイプ
愛犬の犬種: チワワ、ダックスフント

あまりうちの犬は病気にかからず今まで過ごしてきたのですが、去年ダックスフントのほうが老犬になり根尖膿瘍になりました。
実費手術だと20万近くかなり高額になっていたので保険にはいっていてよかったなぁと思っております。
よかったなぁと思うことは気軽に24時間獣医師に 無料で相談できるところだと思います。
やはりペットを飼っている方に聞くよりは信頼性があります。ちょっとでも愛犬がおかしいかも?というときに電話できるのがとても助かっています。

投稿者:タカすけ ペット保険会社: au損保ペット保険
説明が親切
契約したプラン : 通院ありタイプ 70%コース
愛犬の犬種: ゴールデン・レトリーバー

説明してくれた方がとれも親切で、安心して加入できると思いながら聞いていました。今飼っている犬はずっと健康でまだお世話になったことはありませんが、いざという時はと考えると、加入してよかったと思います。また、スマホもauを使っているので、加入時に親しみが持てました。唯一改善点を上げるとするならば、ウェブサイトが少しごちゃごちゃしていて少し見づらかったことです。

投稿者:ソラサ ペット保険会社: au損保ペット保険
獣医師に相談できるのがGood
契約したプラン : 通院なしタイプ70%コース
愛犬の犬種: チワワ

ペットには公的な医療保険制度がないため、もしもの時のために入りました。私は手術や入院に備えたかったので、通院ありタイプ・なしタイプと選べるのがとてもよかったです。保証支払い割合も50%と70%コースから選べて、月々の保険料を抑えつつ手術のときに安心して備えることが出来ます。実際まだ入院したことはありませんが、24時間体制で獣医師に無料相談出来るサービスもありとてもオススメです!

投稿者:ちくたま ペット保険会社: au損保ペット保険
医療費が安く済みました
契約したプラン : 通院ありタイプ、月払い70%コース
愛犬の犬種:

病弱な犬だったのでペット保険に入っておきました。子犬のころから関節炎や膀胱炎などで入退院を繰り返していたので病院での費用がかなり掛かってしまったのですが、かなり医療費が安く済んで助かりました。保険自体は自動更新されるようですが、他のペット保険との比較もしたいので更新日よりももっと前に事前連絡が欲しかったです。



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ