一番安いペット保険で選ぶと【後悔】する。ペット保険の選び方

ペット保険の保険料は掛け捨てですし、

愛犬を飼っていくには、他にも費用がかかりますから、

一番安いペット保険を探すのは誰でも同じです。

しかしながら、その基準だけで選ぶと後悔するかもしれません。
 

CMの保険料は当てにならない!

安さに注目すると、どうしても各社の宣伝するCMや広告に目がいきがちです。

短期的にみれば安いかもしれませんが、保険は長期で加入するもの。

長い目をみれば必ずしも宣伝通りの安さとはかぎりません。

 

犬種によって高くなることも!

主に「年齢」と「犬種(病気・ケガリスク)」の2つで決まり、

年齢は高齢であるほど、犬種は体格が大きい、もしくは病気やケガをしやすい犬種かで

保険料は高くなります。

犬種では主に、【小型犬】【中型犬】【大型犬】もしくは【血統種】【ブリード種】【ミックス】で分けられ、

病気やケガ別では【A,B,C,D】グループのような分け方をしています。

アニコム病気、けが別
A~Eクラス
アイペットうちの子:小型、中型、大型別
うちの子Light:病気・ケガ別
犬I~III
アクサダイレクト血統、フリード、ミックス別ペットメディカルサポート
(PS保険)
小型、中型、大型別
FPC小型、中型、大型別ガーデン少額短期保険小型、中型、大型別
もっとぎゅっと医療保険:区分けなし
手術保険:病気・ケガ別
犬①~③
au損保ペット保険病気・ケガ別
犬A~C
あんしんペット保険小型、中型、大型別ペッツベストベーシック
ファーストプラン:病気・ケガ別
犬A~D
アクシデント:区別なし
日本アニマル倶楽部
(プリズムコール)
小型、中型、大型別ペット&ファミリー小型、中型、大型、特大犬別

 

対して補償内容は犬種も年齢も関係なくプランで一定ですので、

チワワではお得でも、ポメラニアンでは割高に、

小型犬ではお得でも、大型犬では割高にという場合がおこりえます。

ここを見落として、単純に宣伝だけみると、

結局補償に対して割高な保険料にもなりかねないのです。

 

各社がホームページなどで宣伝している値段は、

もっとも得意とする(安く提示できる)金額を示しているので、

必ずしもあなたの愛犬が安いとは限りません。

かならず自分の犬種がどこの保険料クラスに含まれるかを確認することが重要です。

CMの保険料通り安いとはかぎらない

始めは安くても、値上がり幅が大きい!

ペット保険は1年間だけでなく、基本長期で加入します。

ここで注意したいのが保険料の値上がり幅。

「0才の保険料は安かったのに、値上がりが凄くて月々の支払いが大変・・・。」

 

このようなケースは良くあること。

保険料値上がり方は、フラット、階段型、谷型、ゆるやか上昇、急上昇の5種に分かれます。

保険料の値上がりの仕方

また見えにくいところでもう一つあるのが、

保険料の上がり方の割合が犬種などによって一定ではないことです。

加入時の保険料に目をとらわれ過ぎず、必ず値上がりも確認しましょう。

 

保険料が安すぎると補償範囲が狭い!

単純に保険料が高いと、補償が良くなることは誰でも想像がつきます。

そのため、一番安い保険を選ぶということは、

補償内容は妥協する必要があります。

保険料が一番安くて、補償内容が一番良いなんて保険はありません。

あまりに安い保険料だと、手術だけしか補償しないなど補償範囲も少ないのも注意。

必ず、通院・入院・手術すべてを補償するペット保険を選ぶべきでしょう。

 

だけど安くても【十分】な補償の保険はある!

『安いと補償はダメなのか』・・・と早合点しないでください。

犬の治療費平均に対して十分補償を受けられる安いペット保険はあります。

そもそも補償が厚すぎても、その補償を使い切れなければ保険料の無駄遣いです。

 

安さで選ぶポイントは高齢になっても値上がりが少ない保険を選ぶこと。

さらに愛犬の治療費を十分補える丁度良い補償内容で、

保険料の安いペット保険を選ぶのがベストです♪

値上がりが少ないペット保険がおすすめ

安くても補償が十分なペット保険ランキング!

そこで今回は値上がりが少なく保険料が安くても、

補償が十分なペット保険をランキングにしてみました!

 

大手ペット保険会社一覧

 

FPC保険
fpcペット保険資料
FPCペット保険概要
犬種による保険料の違いなし!値上がり幅も一番小さい!
保険料が安い。なのに補償も十分なのがFPCペット保険です。
犬種別による料金変化もなく、さらにフラット制で値上がりは4~5歳時の1回のみ!他社とは大きく違う特徴です。しかも補償範囲も十分で、年間最大補償額も85万円と第2位の高水準。オリコンで顧客満足度1位になっているところからも利用者の満足度がわかります。

yajirushi
※ペット保険は加入前の治療は補償外なので、早めの対処が重要です。

業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】

 

ペッツベスト ベーシックプラン
ペッツベストの資料
ペッツベスト保険の概要
FPCよりはちょっと高いけど、それでもお得!
保険料や値上がり幅の少なさは一番ではないものの、補償率80%と高い補償内容が魅力な保険です。

yajirushi

 

ペットメディカルサポート PS保険
PSペット保険資料
PS保険の概要
終身制が魅力的
総合的にみて保険料は安めで、補償もしっかりしています。終身保険なので、愛犬の年齢がいくら高くなってもしっかりと補償してくれるのも魅力的です。

yajirushi

 

愛犬の治療は身近なんです

安くても補償が十分なペット保険ならFPCペット保険がおすすめです。

ペット保険は掛け捨てですから、中々どれに加入すればよいのか悩んでしまうところです。

ただ、ペット保険に加入するべきか?といえば、間違いなく『YES』です。

下記は大手ペット保険会社が調査した、犬の医療事情です。

 

平均治療回数

 

見てもらえばわかるように、かなりの割合で愛犬は何らかの治療を受けることになります。

ですが、ペット保険は加入前の治療は保障外ですので、

病気にかかった後では遅いです。

この機会に、早めのペット保険加入を考えてみてはどうでしょうか。

愛犬のためのペット保険
【FPCペット保険】



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ