ヨークシャーテリアにおすすめのペット保険会社とは?

「動く宝石」とも形容され、主に富裕層のペットとして大流行してきた、ヨークシャーテリア。

被毛の美しいくて、ちょこちょこ動く仕草がたまりませよね?

そんなヨークシャーテリアにおすすめな保険はどこでしょうか。

ヨークシャーテリアのペット保険

ペット保険を選ぶ上で覚えておきたいこと

最近ようやくCMなどで認知度が上がってきたペット保険ですが、

人の保険と違い、今のところ掛け捨てタイプしか存在しないことを覚えておきましょう。

そのため、補償が良い保険だとしても、その補償内容を使い切れなれば、

せっかく支払った保険料は無駄になってしまいます。

また総じて補償内容が良いと保険料は高い傾向にありますから、負担も大きくなります。

 

なのでペット保険選びのコツは、愛犬のかかり易い病気や特徴を加味した上で、

十分補償してもらえる適度な内容となるべく保険料のところを選ぶと満足度が高いです。

 

ヨークシャーテリアに合っているペット保険とは?

国内の人気大手ペット保険会社は11社ほど。

大手ペット保険会社一覧

 

どの保険も素晴らしい内容ですが、特にヨーキーにお勧めしたいのはFPCペット保険です。

fpcペット保険資料
FPCペット保険概要
 

 

値上がりが少ないから、保険料が業界随一の安さ!

ペット保険は愛犬の年齢が高くなるごとに保険料が上がるのが一般的です。

よく数百円~1000円ちょっとで安い!などCMが流れることがありますが、

あれは最も安い1歳~2歳時の値段であり、その後急激に保険料が高くなるケースが多々あります。

時には加入時から5000円以上違うことも。

保険料の値上がりで苦労する
その点FPCペット保険が優れているのは、4~5歳時を除き値上がりが一切無いこと。

しかも0~4歳は1,590円、5歳以降は2,390円と値上がり額800円とかなり安いです。

 

ペット保険は基本的に数年以上は加入することになるでしょう。

そうなってくると、総保険料が一番安くなるのがFPCペット保険の利点です。

 

特にペット保険に加入されている方の悩みで多いのが、

後半保険料の値上がりが高くて家計を圧迫し、支払いが大変だということ。

値上がりで後々苦労することに
FPCペット保険はこうした心配は一切なく、計画を立てやすい保険といえるでしょう。

 

気になる補償は大丈夫?

FPCペット保険は保険料が安い分、アニコムやアイペットなど高保険料型の補償内容と比べると見劣りするのは事実です。

しかし、ヨークシャテリアがかかりやすい、気管虚脱や低血糖症、皮膚病など高額手術にも長期治療にも十分な内容

年間補償最大額が85万円なので、ヨークシャエリアの平均治療費5~20万を考えても問題無いレベルです。

 

FPCは広告費や会社維持費を効率化して経費を落としている分、低保険料でも十分な補償内容を提供できています。

オリコン満足度2年連続1位

保険の内容の良さは、満足度調査にも出ています。

FPCは2年連続オリコン顧客満足度調査で1位に輝いており、

補償の良さはもちろんカスタマーサポートの丁寧さが評判を呼んでいます。
サービスの良さは初心者に重要

愛犬がいざ病気になると、不安や焦り易くありますから、

サポートの丁寧さや優しさは何よりもありがたいです。

kochira業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】

 

ペット保険は入る意味あるの?

任意ですし最終的には個人の判断になりますが、個人的には加入をおすすめしています。

私自身、子宮蓄膿症や心臓病などの愛犬の治療で総額70万円ほど支払った経験があり、

ペット保険に未加入だったため、全額負担する羽目になったからです。
平均治療回数

動物病院で受ける治療は決して他人事ではありません。

犬の医療事情を調査した結果によると、実に飼い主の90%以上が愛犬の治療経験があるそうです。

ヨークシャーテリアのかかりやすい病気と治療費例

  • 膝蓋骨脱臼 30,000~300,000円
  • 皮膚炎 毎治療ごと2,000~5,000円
  • 気管虚脱 120,000円
  • 僧帽弁閉鎖不全症 110,000~300,000円
  • クッシング症候群
    毎月15,000~36,000円(投与治療)
    100,000~150,000円(手術)
  • 歯周病 15,000~40,000円
  • 低血糖症 毎月20,000~50,000円

ただ犬を飼うには他にもお金がかかることも事実ですから、

なるべく保険料が無駄にならず、補償を得られるFPCペット保険は金銭的にもありがたい保険。

いざという時に高額な支払いにならないよう、早めの対策をしておくと安心です。



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ