トイプードルにおすすめのペット保険会社とは?

ペット保険は色々な会社が出しているので迷うところですよね?

トイプードルに合う保険はどこが良いのでしょうか。

 

トイプードルのペット保険を選ぶうえで

保険は基本的に保険料が高くなれば、補償が手厚くなるのが原則。

安い保険を探す場合は、補償内容もその分見劣りします。

 

でも、保険は補償が手厚ければ良いというものではありません。

100%補償内容を使い切ることなく、保険料が無駄になることがあるからです。

トイプードルのかかり易い病気を考慮したうえで、

治療費を十分補える丁度良い補償内容と、なるべく安い保険がベストでしょう。

そのためトイプードルのかかりやすい病気や治療事情を把握する必要があります。

 

チワワのかかりやすい病気とは?

トイプードルは統計資料によれば、消化器、眼、耳、口腔、筋骨格系、皮膚疾患が多く、

トイプードル全体の10~20%程度の疾患率と、

他犬種に比べて病気やケガのリスクが高いといえます。

特に身体や性格の特徴、消化器、耳、筋骨格、皮膚疾患はとてもおおいです。

具体的な病名例をあげていきましょう。

  • 皮膚疾患:アトピー性皮膚炎
  • 耳疾患:外耳炎
  • 眼疾患:緑内障、白内障、進行性網膜委縮症
  • 消化器疾患:胃腸炎
  • 口腔疾患:乳歯遺残
  • 筋骨格系疾患:膝蓋骨脱臼、骨折

 

以上のような病気がトイプードルがかかりやすい病気です。

ほとんどの病気が長期の通院治療や高額な手術になる可能性があり、

医療費は全体的に高くなるリスクがあります。

 

トイプードルの治療傾向や治療費を見てみる

トイプードルになりやすい病気をもとに、保険の補償内容を考えていきましょう。

特にリスクが高いのが膝蓋骨脱臼、骨折、アトピー性皮膚炎、外耳炎です。

 

膝蓋骨脱臼の治療

膝の皿にあたる膝蓋骨がゆがんでしまい、脱臼してしまう病気です。

基本的に小型犬に多く、トイプードルも例外ではありません。

激しい運動をしたがらない、急に散歩中に立ち止まるといった初期症状から、

後ろ足をスキップするように歩くといった中~重度症状まであり、

グレードが4段階で分かれています。

治療方法はグレード1までであれば、内科治療が多いですが、

ほとんどのケースがグレード2以上で発見されるケースが多く、

基本は外科治療になります。手術を含めた全体の治療費の相場は10~30万程度です。

 

骨折の治療

トイプードルは非常に無邪気な性格で、

ぴょんぴょん跳ねたり、二足歩行してみせたりとよく動く犬種です。

この性格があだとなって実は骨折のケガが比較的多い犬種になります。

骨折は個所やケガの度合いによって治療費に差がありますが、

検査費用や薬代などすべて含めると約8万~12万程度が相場です。

アトピー性皮膚炎は皮膚の免疫やバリアの異常により、

皮膚が炎症してしまう病気です。

足先や目、マズル、耳などにかゆみを伴うため、

犬が舐めたり引っかき、結果脱毛やフケ、赤い炎症などがみられます。

 

アトピー性皮膚炎の治療

トイプードルは被毛の特徴から皮膚に関するトラブルが多く、

また遺伝的なものからアトピー性皮膚炎が比較的多い犬種です。

アトピー性皮膚炎は根治は難しく、

症状の改善を目指し長い通院治療になるケースが多いです。

皮膚の状態を良くするための薬用・抗菌シャンプーや薬浴、

微生物の繁殖を防ぐために抗菌薬、

かゆみを抑えるステロイド剤など内服薬が使用されます。

アレルゲンを特定するために血液検査なども初期には行われます。

またアトピー性皮膚炎は外耳炎を併発しやすいのも特徴です。

 

治療費の相場としては、初診は検査費用も含めると1万円を超える場合があり、

以後毎月5,000~15,000円程度かかります。

 

外耳炎の治療

たれ耳犬種は共通で耳の空気の流れが悪く、菌が繁殖しやすい傾向にあります。

トイプードルも例外ではなく、結果外耳炎になりやすいです。

外耳炎は耳の穴の入り口から鼓膜までの炎症をさします。

比較的初期の場合は、耳垢駅や洗浄液を使って耳の中を洗浄します。

最近ではビデオオトスコープという内視鏡の一種を使って、

徹底的に洗浄するケースも増えてきました。

それでも効果がない時は抗生物質や抗菌剤等の投与を行いますが、

効果がない場合は細胞診や細菌培養など投与薬を検討するために、

検査費用がかかってきます。

通常は月5,000円~7,000円、検査費用や特殊器具治療が入れば月1万以上いく場合もあります。

 

治療傾向や治療費から保険の補償や保険料を考える

治療傾向や治療費を考えると、

おすすめの補償内容および保険料の選び方は、

  • 通院から手術まで幅広い治療に対応できる保険
  • 通院補償が充実しているものを選ぶ
  • 手術補償の1日限度額が十分あるものを選ぶ

です。

 

通院から手術まで幅広い治療に対応できる保険

病気やケガのリスクが高いトイプードルには、

通院だけ、手術だけ補償といったペット保険ではなく、

通院、入院、手術すべてを補償する医療保険タイプがおすすめです。

医療保険はプランも豊富ですし、選び方を間違えなければ低額の保険料のプランもあります。

 

通院補償が充実しているものを選ぶ

ペット保険では会社によって通院、入院、手術の補償バランスが違ってきます。

通院に手厚いところもあれば、入院に手厚いところもあるわけです。

トイプードルの場合、通院、入院、手術のうち、

最も費用が発生するリスクが高いのが通院治療です。

そのため特に通院補償に重きを置いているペット保険プランがおすすめです。

通院日数はもちろん、1日の限度額が高いプランを選びましょう。

 

手術補償の1日限度額が十分あるものを選ぶ

通院補償重視が良いとはいえ、手術になるリスクもありますので、

手術補償にも注意を払いたいところです。

回数は気にする必要がありませんが、1日限度額は確認しましょう。

手術は1日で高額な支払いになるため、

限度額が小さいと補償をしっかりと受けられない可能性があるからです。

 

トイプードルに一番適してるのはペット保険は?

国内ペット保険はどこも素晴らしいですが、

保険選びのポイントを踏まえると、

トイプードルに合っているのはFPCペット保険です。

大手ペット保険会社一覧

 

fpcペット保険資料
FPCペット保険概要
 

kochira業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】

 

愛犬が10歳以降の飼い主さんは

トイプードルにおすすめなFPCペット保険ですが、残念ながら加入できる愛犬の年齢は満9歳までです。(継続は終身)

もし愛犬が10歳以上という方は、次点でペッツベストをおすすめしています。

 

保険料が安い

FPCは大手ペット保険会社では一番安い保険料です。

9年間の総保険料は有名なアニコムやアイペットに対して、130,000円以上安くなります。

 

保険料の値上がりが少ない!階段型を採用。

加入時の保険料に目がいくひとは多いですが、値上がりまで見ているひとって少ないです。

若いころに安くても、加齢とともに値上がりが凄く、家計を圧迫する・・・という失敗が多いです。

値上がりで後々苦労することに

FPCペット保険は4歳以下、5~8歳、9~11歳、12歳以降、一切値上がりがありません

4~5歳、8~9歳、11~12歳の時のみです。

全体を通した値上がり幅も1,430円と国内随一の保険料差になります。

他社は高齢犬になると保険料の値上がりが激しくなるところも多いため、

この設定は飼い主さんの家計にとても優しいです。

 

補償も十分トイプードルの治療費をカバーできる

FPCの保険料は1590円からですが、年間最大補償額が85万円で国内人気会社の中で第2位の多さです。

保険料が安いのにここまで補償が手厚いのはかなりうれしい設定です。

コストパフォーマンスでは間違いなく1位でしょう。

会社維持コストなど無駄を徹底的に省いたことで実現できています。

 

オリコン人気に1位になる、利用しやすいサービス体制

サービスの良さは初心者に重要

FPCはカスタマーサービスが親切で、実際に利用する際に初めてでも安心できたと評判です。

オリコン顧客満足度1位になっていることからも、お分かりいただけると思います。
 

愛犬の病気は他人事じゃないからこそ

元気な愛犬の姿を見ていると、病気とは無縁のような気がしてしまいます。

ですが残念ながら愛犬の病院利用は結構身近です。

下記は大手ペット保険会社が調べた、犬の医療事情です。

平均治療回数

要するにほとんどの犬が何らかの理由で病気の治療経験があるということ。

犬の治療は国の保険がないため、全額負担。高額な支払いになりやすいのです。

トイプードルの治療費例

  • 膝蓋骨脱臼 治療費130,000~300,000円
  • 僧帽弁閉鎖不全症 治療費110,000~300,000円
  • 若年性白内障 治療費240,000円
  • てんかん 治療費250,000円
  • 皮膚炎 毎治療ごと2,000~5,000円

 

ペット保険は色々あるので迷ってしまいますが、

高額な治療費を支払う羽目になる前に、早めの対処をおススメします。

kochira愛犬のためのペット保険【FPCペット保険】



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ