チワワにおすすめのペット保険会社とは?

チワワ達

小型犬で大人気の犬種といえばチワワですね!

どのような保険が向いているのでしょうか?

 

チワワのペット保険の選び方

基本的に保険料が高くなれば、補償がその分充実し、

安くなれば、補償内容もその分見劣りします。

でも、保険は補償が手厚ければ良いというものではありません。

ペット保険は掛け捨てが基本です。

補償内容を100%使い切ることができなければ、その分保険料が無駄になってしまうからです。

無駄にしないためには、

チワワの多い病気の治療費を十分補える丁度良い補償内容で、なるべく安い保険がおすすめです。

過度な補償は無駄に

そのためには、チワワのかかりやすい病気や治療傾向を把握し、

補償内容と保険料を考えるのが大切です。

 

チワワのかかりやすい病気とは?

チワワは統計資料によれば、皮膚、耳、眼、消化器、筋骨格系疾患が多く、

全体の7~15%程度の疾患率となっています。

次いで分尿器、神経系、循環器、呼吸器疾患となっています。

具体的な病名例をあげていきましょう。

  • 皮膚疾患:アトピー性皮膚炎、マラセチア皮膚炎
  • 耳疾患:外耳炎
  • 眼疾患:角膜炎、緑内障
  • 消化器疾患:胃炎
  • 分尿器疾患:尿路結石症、肛門囊炎
  • 神経系疾患:てんかん
  • 筋骨格系疾患:膝蓋骨脱臼
  • 循環器疾患:僧帽弁閉鎖不全症
  • 呼吸器疾患:気管虚脱

 

以上のような病気がチワワがかかりやすい病気です。

ただし、全体的にチワワの疾患率は他の犬種よりも低い傾向にあり、

チワワは比較的病気のリスクが小さい犬種であるといえます。

しかしながら、循環器、呼吸器疾患においては他犬種よりもリスクが高く

注意が必要な病気です。

 

チワワの治療傾向や治療費を見てみる

チワワになりやすい病気をもとに、保険の補償内容を考えていきましょう。

特に対処すべきは他犬種よりも疾患率のリスクが高い、

膝蓋骨脱臼や僧帽弁閉鎖不全症、気管虚脱についてです。

 

膝蓋骨脱臼の治療

膝の皿にあたる膝蓋骨がゆがんでしまい、脱臼してしまう病気です。

激しい運動をしたがらない、急に散歩中に立ち止まるといった初期症状から、

後ろ足をスキップするように歩くといった中~重度症状まであり、

グレードが4段階で分かれています。

治療方法はグレード1までであれば、内科治療が多いですが、

ほとんどのケースがグレード2以上で発見されるケースが多く、

基本は外科治療になります。手術を含めた全体の治療費の相場は10~30万程度です。

 

僧帽弁閉鎖不全症の治療

小型犬種全般に多い心臓病の一種です。

僧帽弁という血流をコントロールするための弁が正常に働かなくなる病気で、

不整脈がおこります。

基本的には不治の病となり、内科的治療による長期の通院治療がメインです。

最先端医療として外科手術もありますが、大変高額でまだまだ現実的ではありません。

長期の治療になり愛犬の年齢にもよるため、

治療費は差があり5万~50万以上と幅広いですが、1治療あたりの出費は比較的少額でしょう。

 

気管虚脱の治療

気管にある気管軟骨がつぶれることで、空気の流れが不正常になる病気です。

進行してくるとガーガーとアヒルのような鳴き声をする症状が出ます。

つぶれている進行具合によってグレード1~4に分けられます。

グレード1では内科的治療が主ですが、

飼い主さんが発見した時にはグレード2に進行しているケースが多く、

外科治療が多くなる病気です。

手術費用の相場として10~15万程度になります。

 

その他の治療費

他の病気に関しては他犬種よりも疾患率は低い傾向にあるものの、

補償内容を考えるうえでは考慮しておくのが良いでしょう。

下記は治療費の相場です。

  • 尿路結石症:190,000円
  • アトピー性皮膚炎:毎月5,000~15,000円
  • 肛門囊炎(こうもんのうえん):毎月5,000~8,000円
  • 角膜炎:毎月3,000~5,000円
  • 外耳炎:毎月3,000~7,000円

 

基本的にどれも通院治療が多くなる傾向にある病気です。

 

治療傾向や治療費から保険の補償や保険料を考える

治療傾向や治療費を考えると、

おすすめの補償内容および保険料の選び方は、

  • 保険料重視プラン(補償率50%)のプランを選ぶ
  • 通院補償の日数が十分あるものを選ぶ
  • 手術補償の1日限度額が十分あるものを選ぶ

です。

 

保険料重視プラン(補償率50%)のプランを選ぶ

他犬種よりも比較的疾患率の低いチワワは、

無理に保険料高めの補償重視プラン(補償率70%以上)にする必要はないでしょう。

保険料重視プランでも十分対処できますし、

何よりも保険料が無駄になる可能性が低くなります。

 

通院補償の日数が十分あるものを選ぶ

チワワのかかりやすい病気のうち、通院治療になるケースのものが数多くあるため、

通院補償は注意して選びたいところです。

特に日数制限が重要で、制限を超えると補償が受けられなくなります。

日数としては20日以上、または日数制限無しの保険プランが良いです。

 

通院補償の日数が十分あるものを選ぶ

チワワ全体の疾患率は低いものの、他犬種と比べるとリスクが高いチワワの病気は、

手術治療になる可能性が非常に高いです。

手術治療は1日の支払額が高額になりますので、1日限度額を注意すべきです。

回数制限は気にする必要はありません。

 

チワワに合っているおすすめのペット保険は?

保険選びのポイントを踏まえた上で、

国内ペット保険大11社のうち、一番チワワに適した保険といえばFPCペット保険です。

 

大手ペット保険会社一覧

 

fpcペット保険資料
FPCペット保険概要
 

 

愛犬が10歳以降の飼い主さんは

チワワにおすすめなFPCペット保険ですが、残念ながら加入できる愛犬の年齢は満9歳までです。(継続は終身)

もし愛犬が10歳以上という方は次点でペッツベストをおすすめしています。

 

保険料の安さも値上がりの少なさも業界随一

ペット保険は掛け捨てが基本なので、できるかぎり保険料は抑えたいものです。

FPCペット保険は保険料がとても安く、アニコムやアイペットなど有名会社と比べると、

8年間で130,000以上安くなります。

 

また保険料は若いころや安く、年齢を重ねるごとに高く跳ね上がるのが一般的です。

しかしFPCペット保険は4歳以下、5~8歳、9~11歳、12歳以降、一切値上がりがありません

4~5歳、8~9歳、11~12歳の時のみです。

全体を通した値上がり幅も1,430円と国内随一の保険料差になります。

 

保険でよくある失敗・・・

値上がりで後々苦労することに

補償は大丈夫なの?

チワワに多い、気管虚脱、皮膚病、膝蓋骨脱臼といった病気でも、

安心して補償を受けられる内容になっています。

チワワの治療費は十分カバーできる

チワワの年間治療費の平均は5万~20万。

対してFPCペット保険の年間最大補償額は85万円で、今回比較した会社中第2位

十分に補償をしてもらえます。

コストパフォーマンスでは間違いなく1位でしょう。

広告や会社維持費を抑えたことで無駄を省いた分、

安くて補償もある程度良いものにできている保険なんですね。

nbsp;

オリコン満足度2年連続1位

サービスの良さは初心者に重要

FPCペット保険の補償満足度は、オリコン小型ペット保険犬部門2年連続1位ということからもわかります。

補償の良さはもちろん、カスタマーサポートの親切さが評判で、

いざという時にも安心して利用できるのは重要です。

 

ペット保険って本当に必要なの?

賛否両論があると思いますが、個人的には加入をおすすめしています。

私自身ペット保険に加入しなかったことで合計70万の治療費を払った経験があります。

国の負担はありませんから、加入していないと全額自己負担になってしまうんです・・・。

平均治療回数
犬の医療事情を調査したアンケートによると、

ほとんどの飼い主さんが犬の治療経験をしているそうです。

 

とはいえ愛犬を飼うのには色々とお金がかかるのも事実。

FPCペット保険なら安い保険料で治療費対策が取れるので、

高額な治療費を払う羽目になる前に、早めの対処をおススメします。

kochira愛犬のためのペット保険【FPCペット保険】



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ