ソフトバンクのペット保険の特徴は?評判は良い?

最近加入者が増加傾向にあるペット保険ですが、

大手携帯会社もペット保険の販売を開始しました。

そのひとつがソフトバンクのペット保険です。

ではその特徴はどうか?口コミはどうなのか?まとめてみました!

 

まずはソフトバンクペット保険のプランを整理しよう!

実はソフトバンクペット保険はソフトバンク独自の保険ではありません。

アニコム損害保険株式会社のふぁみりぃプランを提供する包括契約の保険になります。

そのため補償内容はアニコム損保とまったく同じ内容になります。

ただしプラン名はソフトバンクのペット保険独自の名前に、

また保険料や支払い方法、特約に違いがあります。

なおアニコム損保のペット保険詳細についてはこちらをご参照ください。

プラン名補償割合年間最大補償額各補償内容免責加入可能年齢更新可能年齢
70%プラン70%84万(通院)14,000円×20日
(入院)14,000円×20日
(手術)140,000円×2回
-7歳11ヵ月まで終身
50%プラン50%60万通院)10,000円×20日
(入院)10,000円×20日
(手術)100,000円×2回
-

 

アニコム損保のペット保険と同様に、補償率50%と70%の2つのプランが用意されています。

補償率としては平均的な設定で、保険料重視なら50%を、

補償重視なら70%を選ぶかたちです。

1日限度額、回数、日数制限もあり、こちらもアニコム損保とまったく同じ設定になっています。

ペット賠償責任特約は無い

補償内容はアニコム損保と同様ですが、

アニコム損保では付帯できるペット賠償責任特約は、

ソフトバンクペット保険では用意されていません。

 

ソフトバンクペット保険の特徴は?

では次に特徴ともいえる点についてみていきましょう。

ソフトバンクユーザーしか契約できない

ソフトバンクペット保険の最大の難点が、

ソフトバンク指定の携帯端末を契約している方しか保険の契約ができないことです。

そのため、それ以外のユーザーは検討することもできません。

また契約中、ソフトバンクユーザーでなくなった場合は、

契約の満期日を過ぎた地点で継続をすることができなくなるのも注意です。

サポート体制はアニコム損保と同じ

補償内容のほか、サポート体制もアニコム損保と同じになります。

例えば、愛犬に関するしつけや健康相談ができる窓口や、

迷子検索サポート、契約者限定の施設優待サービスなどがあげられます。

いずれもアニコム損保の提供するサービスを利用する形です。

 

またアニコム損保では人気の高い、保険金の窓口清算にも対応しています。

後日郵送請求方式と違って、人間の保険と同じような感覚で、

ペット保険を利用することができますので、手間がとても少なくなります。

ただし、対応している病院のみ窓口清算対応ということに注意です。

対応病院以外は通常の後日郵送請求方式になります。

月払いに対応していない

ソフトバンクペット保険では現在のところ保険料の月払いに対応していません。

今までいろいろな保険会社を見てきましたが、

月払い未対応はかなりめずらしいです。

そのため、一度の出費がでかくなる傾向にあるため、注意が必要です。

年間最大補償額は少し高め

アニコム損保は各社の年間最大補償額に対して、

少し高めの設定になっており、同様のソフトバンクペット保険も少し高めです。

年間最大補償額が高いということは、それだけ補償が手厚いことを意味します。

下記は各社の最安プランで比較したものです。

各社基本プラン年間最大補償率補償率
ペットメディカルサポート 50%プラン100万円50%
FPC85万円50%
アイペット うちの子50%プラン72.8万円50%
ドコモのペット保険 トータルケア50%72.8万円50%
あんしんペット L70万円70%
日本アニマル オレンジ63万円100%
アニコム ふぁみりぃ50%60万円50%
ソフトバンクペット保険 50%プラン60万円50%
もっとぎゅっと スタンダード60万円50%
ペッツベスト ベーシック
(免責2万)
50万円80%
ガーデン プラチナ5050万円50%
ペット&ファミリー プラン5050万円50%
au損保ペット保険
(旧あうて) コース50
50万円50%
アクサダイレクト プラン5050万円50%

 

ものすごく高いというわけではないものの、すこし高めということがわかります。

保険料はアニコム損保と違う

補償内容がアニコム損保と同じソフトバンクペット保険ですが、

保険料はアニコム損保よりも3%安くなっています。

下記はアニコム損保とソフトバンクペット保険の保険料を比較したグラフです。

月払い未対応なので、年払いで比較しています。

ソフトバンクではアニコムと同様、犬種をA~Eクラスに分けています。

※横にスライドできます
ソフトバンクとアニコム比較(Aクラス)ソフトバンクとアニコム比較(Bクラス)ソフトバンクとアニコム比較(Cクラス)ソフトバンクとアニコム比較(Dクラス)ソフトバンクとアニコム比較(Eクラス)

 

若干ではありますが、ソフトバンクのほうが安いです。

でも、周りからみると高い

元々アニコム損保の保険料は国内会社の中でもかなり高いほうで、

ソフトバンクペット保険もアニコム損保に比べると安いものの、

他社と比べると決して安くありません。

下記は、通院、入院、手術補償、免責無し(ペッツベスト除く)で、

各社の最安プランを0~8歳までの総保険料を比較したランキングです。

小型犬(Aクラス)の保険料
  1. 【ガーデン】プラチナ50:206,880円
  2. 【FPC】50%補償プラン:210,120円
  3. 【PS保険】50%補償プラン:210,600円
  4. 【ペッツベスト】ベーシックプラン:225,840円
  5. 【ペット&ファミリー】プラン50:261,480円
  6. 【アクサダイレクト】プラン50:263,400円
  7. 【あんしんペット】Lプラン:272,880円
  8. 【もっとぎゅっと】50%補償プラン:279,360円
  9. 【ソフトバンク】50%プラン:283,060円
  10. 【ドコモ】トータルケア50:291,120円
  11. 【日本アニマル倶楽部】オレンジプラン:311,040円
  12. 【au損保】プラン50:314,880円
  13. 【アニコム】ふぁみりい50:320,880円
  14. 【アイペット】うちの子50:323,280円
中型犬(Cクラス)の保険料
  1. 【FPC】50%補償プラン:210,120円
  2. 【ガーデン】プラチナ50:241,560円
  3. 【PS保険】50%補償プラン:243,360円
  4. 【アクサダイレクト】プラン50:263,400円
  5. 【ペット&ファミリー】プラン50:270,240円
  6. 【もっとぎゅっと】50%補償プラン:279,360円
  7. 【ドコモ】トータルケア50:315,120円
  8. 【ペッツベスト】ベーシックプラン:322,200円
  9. 【アイペット】うちの子50:327,960円
  10. 【ソフトバンク】50%プラン:340,480円
  11. 【あんしんペット】Lプラン:345,600円
  12. 【アニコム】ふぁみりい50:386,040円
  13. 【日本アニマル倶楽部】オレンジプラン:396,360円
  14. 【au損保】プラン50:492,000円
大型犬(Dクラス)の保険料
  1. 【FPC】50%補償プラン:210,120円
  2. 【アクサダイレクト】プラン50:263,400円
  3. 【PS保険】50%補償プラン:266,760円
  4. 【ガーデン】プラチナ50:276,720円
  5. 【もっとぎゅっと】50%補償プラン:279,360円
  6. 【ペット&ファミリー】プラン50:301,200円
  7. 【ペッツベスト】ベーシックプラン:337,320円
  8. 【ソフトバンク】50%プラン:391,850円
  9. 【あんしんペット】Lプラン:407,760円
  10. 【アニコム】ふぁみりい50:444,360円
  11. 【ドコモ】トータルケア50:470,640円
  12. 【アイペット】うちの子50:522,840円
  13. 【日本アニマル倶楽部】オレンジプラン:565,920円
  14. 【au損保】プラン50:581,040円

どの犬種でもソフトバンクは総保険料が割高になっています。

9歳以降もより保険料は値上がりし、他社との保険料差が広がるので、

愛犬の年齢が高齢になるほど、より保険料は割高になっていくでしょう。

みんなのソフトバンクペット保険の評判はどう?

インターネットにて、実際にソフトバンクのペット保険を利用している人を対象にアンケートを実施しました。

当時、ソフトバンクペット保険とは別のペット保険に加入していました。
ところが、保険が使用できる動物病院が僅かの為、その動物病院に通わせたくなくなると、不満を感じてしまいました。

ソフトバンクペット保険であれば、対象の動物病院も多く、ペットと旅行の際に割引もしてもらえたので、良かったです。

しかし、我が家では保険に加入したチワワ以外に、8歳になるミニチュアダックスフンドがいます。
ところが、年齢オーバーとなり、加入が認められませんでした。
これから、本当に保険を必要とする犬が加入できなかったのは、考慮して頂きたいです。
(30代女性、チワワ)

 

ソフトバンクを利用していないと加入できないと聞いていたのですが特別な特典などがあるわけでもなく普通のペット保険でした。
まだ新しいサービスなので今後特典内容が増えたり、他社の保険より良い魅力ができることを期待して加入しています。
1年ごとの支払いなので払い忘れなどもなく、まとめて支払いをしたい人にはおススメです!
保険料は他よりも高くて変えようか悩みましたが、思わぬ病気が見つかったときに対応がとても良く、迅速な手続きをしていただいたのでこのまま継続して利用したいと思います。
保険料の支払いもかかりつけの病院で対応しているので予防接種のときなどにまとめて払うことができるのでとても楽です。
(20代女性、ミニチュアピンチャー)

 

ほかのペット保険から、携帯もソフトバンクなのでこっちに変更しました。
まだ保険の適用になるようなことがありません。
ですが、明らかにほかのペット保険に比べるととても高いです。
前のは1500円前後だったので、倍近い保険料になりました。
保険内容が他の会社より手厚いみたいなので仕方ないですが、保険料については不満です。
他はわかりませんが、ソフトバンクユーザーに対しての多少の割引など必要ではないでしょうか。
わざわざ勧められて、乗り換えで保険に入りましたからちょっと納得いかないです。
保険はもしかしたら別なのに変えるかもしれません。
(40代女性、パグ)

 

 

ソフトバンクペット保険はおすすめ?

結論から言えば、個人的にはおすすめできません。

加入条件のハードルが高い

まずソフトバンクの携帯端末契約者しか加入できないのが難点です。

わざわざペット保険に入るために、ソフトバンクに携帯を切換えるのは馬鹿バカしく、

そこまでして入るほど魅力的な保険とは言えません。

またソフトバンクユーザーだからといって、ペット保険に特別な特典も無く、

加入の手続きの手間も考えるとメリットが見当たりません。

保険料が高い

確かにアニコム損保に比べて保険料は安くなっているものの、

各社を比較すればかなり割高の保険であることは間違いありません。

その割に、特別補償内容がすごい!ということではありませんので、

より安くて補償の良い保険を選ぶのが良いと考えます。

補償内容はほかにも良いところが

保険料が高いわりには補償内容はとても魅力的ともいえません。

年間最大補償額でいえば、保険料がはるかに安いFPCペット保険に負けていますし、

回数・日数制限、1日限度額無しの補償が使いやすい、

ペット保険会社も多く登場しています。

補償内容から見ても特別ソフトバンクペット保険を選ぶべき!という点が見つかりません。

じゃあ他社でおすすめな会社は?

年間最大補償額も高く、保険料も安いFPCペット保険が一番おすすめです。

FPCペット保険は高齢になっても保険料の値上がりが少ないのも特長なので、

長く加入することになるペット保険としては、大変家計にも優しいです。

 

またほかの保険も気になるということであれば、

当サイトで国内人気ペット保険商品の特徴を比べ、おすすめな保険をランキングにしていますので、

よけしければ参考にしてみてください。

ペット保険ランキング



口コミ投稿フォーム
1
2
3
4
5
投稿する
     
キャンセル

口コミを投稿する!


平均評価:  
 総評価数:1

投稿者:あやこ ペット保険会社: ソフトバンク保険
月々の保険料が高い
契約したプラン : 50%プラン
愛犬の犬種: シーズー

ペット保険を初めて利用した際、今まではやはり全額だった手術費用などが50%負担になりとても満足でしたが、月々の保険料がやはり高いと思います。
入らないよりは入った方がもちろん良いと思いますが、人間ほどあまり病院に行かないので
毎月費用だけが落ちていく形が少し残念な気がします。
あとはもっと様々なプランがあると嬉しいです。



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ