ウェルシュコーギーペンブロークのペット保険の選び方

短い足と長い胴体が愛嬌のウェルシュコーギーペンブローク。

日本では常に上位に入る人気犬種です。

そんなウェルシュコーギーペンブローク(以下ウェルシュコーギー)に適したペット保険はどう選べばよいのでしょうか?

ここではペット保険の選び方やおすすめの保険をまとめています。

 

ウェルシュコーギーの保険を選ぶうえで

ペット保険を選ぶうえで重要なのが補償内容と保険料のバランスです。

基本補償内容が良いほど保険料は高い傾向にありますが、

ペット保険は保険料はすべて掛け捨てタイプですので、

過度な補償内容にしてしまうと、結局補償分使えず保険料が無駄になってしまいます。

大切なのはその犬種にあった丁度良い補償内容となるべく安い保険を選ぶこと。

そのためにはウェルシュコーギーのかかりやすい病気や治療傾向を把握することが大切です。

 

ウェルシュコーギーのかかりやすい病気とは?

ウェルシュコーギーは統計資料によれば、

皮膚、消化器、筋骨格、耳、眼、泌尿器疾患になりやすい傾向がでています。

しかし、耳や眼に関しては他犬種よりも疾患率は低く、

注意すべきは皮膚、筋骨格、消化器、泌尿器疾患です。

どの疾患も他犬種の平均値よりも高い疾患率になっています。

具体的に病名を見てきましょう。

  • 皮膚疾患:アトピー性皮膚炎
  • 泌尿器疾患:尿石症、会陰ヘルニア
  • 筋骨格疾患:椎間板ヘルニア、変性性脊椎症
  • 消化器疾患:出血性胃腸炎
  • 耳疾患:外耳炎
  • 眼疾患:白内障、進行性網膜萎縮症

 

以上のような病気がウェルシュコーギーがかかりやすい病気です。

とはいえ、全体的な病気のリスクは他犬種よりも低いので、

ペット保険の補償内容も過度にする必要はないでしょう。

 

ウェルシュコーギーの治療傾向や治療費を見てみる

ウェルシュコーギーになりやすい病気をもとに、保険の補償内容を考えていきましょう。

特に対処すべきは他犬種よりも疾患率のリスクが高い、

アトピー性皮膚炎、、尿石症、椎間板・会陰ヘルニア、出血性胃炎です。

 

アトピー性皮膚炎の治療

ウェルシュコーギーに限らず、最近犬全体で多くなっているのが、

アトピー性皮膚炎です。

 

アトピー性皮膚炎は皮膚の免疫やバリアの異常により、

皮膚が炎症してしまう病気です。

足先や目、マズル、耳などにかゆみを伴うため、

犬が舐めたり引っかき、結果脱毛やフケ、赤い炎症などがみられます。

 

アトピー性皮膚炎は根治が難しく、再発するケースもめずらしくありません。

基本的には長期の通院治療になるリスクが高い病気です。

治療内容としては皮膚の状態を良くするための薬用・抗菌シャンプーや薬浴、

微生物の繁殖を防ぐために抗菌薬、

かゆみを抑えるステロイド剤など内服薬が使用されます。

アレルゲンを特定するために血液検査なども初期には行われます。

治療費の相場としては、初診は検査費用も含めると1万円を超える場合があり、

以後毎月5,000~15,000円程度はかかってくるでしょう。

状態がひどい場合は診察回数も増えるので、

それ以上の治療費になる場合もあります。

 

尿石症の治療

遺伝的にウェルシュコーギーは尿石症が多い犬種です。

12歳以降になると尿石症の割合はコーギー全体の20%以上という調査結果もあります。

尿石症には腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石など色々あり、

オスメス関係なく結石はできますが、オスのほうが重病になりやすいです。

尿石症は結石の種類によって治療方法が変わってきます。

 

最も結石の種類で多いのがストルバイト結石です。

大腸菌が原因でおこりやすい結石ですが、

結石を溶かすことが可能で、食事療法によって尿を酸性にし、

結石を溶かしていく方法が主に採用されます。

治療費は薬代が1日500円ほどと比較的安価ですが、

尿路結石は再発しやすい病気のため、

一度回復しても以後食事なども気をつけなければいけません。

そのため結石ケア用の療法食は食べさせることが多く、

費用は1kgで1500~2000円が相場になります。

 

ストルバイト結石と同じくらいに多くなってきたのが、

シュウ酸カルシウム結石です。

シュウ酸カルシウム結石は溶かすことができない結石で、

主に摘出手術が採用されることが多いです。

そうなると費用は高額になり、

手術の難易度、動物病院によって違いますが、

目安としては全て込みで89,000円~161,000円程度が相場になるでしょう。

 

会陰ヘルニアの治療

筋力が落ちる高齢犬に多い病気で、特にオスに発症します。

肛門近く骨盤内の筋肉が緩んだ部分に直腸が蛇行し入り込んでしまう病気です。

右側の肛門横がふくらみ便が出にくくなります。

遺伝性のものが多く、ウェルシュコーギーが統計的になりやすい傾向にあります。

治療としては入り込んでしまった直腸部分をもとに戻す外科手術が基本で、

再発防止のために去勢手術もセットでおこなうことが多いです。

また膀胱・前立腺、結腸の変位があった場合は、

あわせて前立腺や結腸の固定をおこなうこともあるでしょう。

費用としては検査費用も含めて10~25万と高額になります。

 

椎間板ヘルニアの治療

胴長犬種特有で多い病気が椎間板ヘルニアです。

ウェルシュコーギーも例外なく他犬種よりもリスクが高い病気です。

ヘルニアは軟性椎間板ヘルニア(ハンセン1型)と硬性椎間板ヘルニア(ハンセン2型)に分けることができます。

主に小型犬に発症しやすいのが軟性椎間板ヘルニアで、

軟性椎間板ヘルニアは椎間板内の背中側の軟骨部分(線維輪とよぶ)に亀裂が生じ、

髄核が脱出して脊髄を圧迫するのが原因になります。

 

治療方法はヘルニアの進行具合によって内科治療か外科治療、

もしくは両方が選択されます。

内科治療の場合は、温存療法と薬による両方にわけられます。

ケージレスト(温存療法)の場合は、トイレ以外はケージの中でじっとさせておく形です。
目安として4~6週間ほど安静にします。

薬は消炎鎮痛剤やステロイド剤、他に半導体レーザー治療などを併せておこないます。

半導体レーザー治療の場合、2週間ほどで完治する場合もあります。

 

外科治療の場合は、

ヘルニアの原因となっている椎間板部分を取り出す摘出手術(脊椎減圧術)が基本で、

椎体をプレートやピンと骨セメントで固定する手術もあわせておこないます。

加えて再発防止のための手術である予防的造窓術をおこなうこともあり、

いくつかの手術を同時におこなう必要があるため、

治療費も高額になるケースが少なくありません。

最低でも10万以上、場合によっては50万以上になることもあります。

 

変性性脊椎症の治療

ウェルシュコーギーは遺伝的に変性性脊椎症になりやすい犬種といわれています。

10歳以降になると変性性脊椎症になる可能性がある数は、

ウェルシュコーギー全体の半分ともいわれているほどです。

変性性脊椎症は脊髄が変性することで、徐々に歩行できなくなってくる遺伝疾患です。

グレードが1~4あり、グレードが進むごとに麻痺が進み、

最終的に歩行不能になります。

加えて重度の脊髄障害により呼吸困難になり、最悪死亡してしまうケースもあります。

 

変性性脊椎症は現時点では残念ながら根本的な治療法はなく、

筋トレ・リハビリなどで脊髄編成を遅らせる治療になります。

そのため長い通院治療になります。

 

出血性胃腸炎の治療

特別ウェルシュコーギーがかかりやすい病気というわけではありませんが、

胃腸炎は犬全般で多い病気です。

突然発症し、悪臭がする血液交じりの血便や吐血をすることがあります。

治療は基本内科治療になり、

絶食、抗生物質による治療や輸血で対処します。

1~2日の通院で回復するので、治療費はそこまでかかりません。

仮に入院などを含めても2万円以内にはおさまるでしょう。

 

治療傾向や治療費から補償・保険料を考える

治療傾向や治療費を考えると、

おすすめの補償内容および保険料の選び方は、

  • 保険料重視プランがおすすめ
  • 回数・日数・1日限度額が無いものを選ぶ
  • 免責金額に注意する

です。

 

保険料重視プランがおすすめ

ウェルシュコーギーでは手術を伴う大病になる可能性はあるものの、

全体的な病気のリスクは他犬種よりも低く、

比較的丈夫な犬種に該当します。

そのため過度に補償内容を充実させる必要はありません。

保険料をなるべくおさえ、補償内容もある程度充実した、

保険料重視プランを見つけることがおすすめです。

 

回数・日数・1日限度額が無いものを選ぶ

ウェルシュコーギーの場合、

一度病気になると大病になるリスクが高く、

通院、入院、手術の幅広い治療に対応しやすいものを選ぶのがポイントです。

特におすすめなのが回数・日数・1日限度額無しの保険プランです。

年間最大補償額内であれば、無制限で利用できるので、

通院治療が多くなりすぎてしまった、手術回数が多くなった、

など予想外の長期・高額治療に対応しやすいからです。

 

免責金額に注意する

長期通院に対応するために合わせて免責金額の設定にも注意が必要です。

免責金額とは、その金額までは必ず飼い主さんに負担いただく治療費になります。

そのため免責金額以下の治療費の場合は、補償を受けられませんし、

それを超えたとしても、

補償金=(治療費-免責金額)×補償率

の計算式のため補償金が減ってしまいます。

比較的1診療あたりは低額になりやすい通院治療では、

免責金額の設定有無は重要です。

免責金額は無し、もしくは通算で1回のみ発生のプランにしましょう。

 

ウェルシュコーギーにおすすめ保険は?

  • 保険料重視プランがおすすめ
  • 回数・日数・1日限度額が無いものを選ぶ
  • 免責金額に注意する

以上の条件からおすすめの保険会社を考えていきましょう。

 

ウェルシュコーギーの保険料を見てみる

条件を満たす各社の保険料重視プランは以下になります。

基本的には補償率50%ですが、会社によってはそれ以上の設定もあります。

会社名犬種区分プラン名補償率補償内容年間最大補償額
au損保のペット保険犬Aコース50(通院あり)50%(通院)限度額20万
(入院、手術)通算50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
70万
アクサダイレクト血統種プラン5050%(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
50万
ガーデン少額短期保険中型犬プラチナ50%50%通院、入院、手術補償
通算で50万まで
50万
ペッツベスト犬Bベーシックプラン80%(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
50万
ペット&ファミリー中型犬げんきナンバーわん5050%(通院、入院、手術)通算で50万まで50万
もっとぎゅっと犬種区分なし医療保険
スタンダードプラン
50%通院:1日1万、年間20万まで
入院:1日1万、年間20万まで
手術:1日10万、年間20万まで
※回数、日数制限は無し
60万

 

注意したいのがウェルシュコーギーは小型犬という感覚がありますが、

ペット保険上では中型犬に分類しているところが多いです。

そのため小型犬よりも保険料は高めになります。

横スクロールできます
点を選択すると詳しい保険料が見れます

 

同じウェルシュコーギーでも保険料がだいぶ違うことがわかります。

特に高齢犬になるほど保険料に差があり、

保険料の値上がりの少ないものを選ぶのがポイントです。

保険料の安さでは、ガーデン少額短期保険、ペット&ファミリー、ペッツベストの3社です。

 

結局ウェルシュコーギーにおすすめな保険は?

最もおすすめなのがガーデン少額短期保険です。

保険料の値上がりが少なく、1番安いのはもちろん、

免責金額もなく、年間最大補償額以外制限がないため、

ウェルシュコーギーに最適な保険といえるでしょう。

さらに保険料が割引になる制度も豊富です。

ガーデン少額短期保険の詳細についてはこちらで確認してみてください。

ペット保険ランキング



 

Facebook

サブコンテンツ

ページの先頭へ