【注意】補償の割合だけでペット保険を選ぶと失敗する!

数多くあるペット保険から、良いものを選ぼうと思った時、

多くの人が『保険料』と『補償の割合』をチェックして選びます。

しかし、この2点だけに注目すると、

実際に請求するときになった時に、予想外に自己負担額が増えることがあります。

 

補償率100%のカラクリ

下記の表は大手9社の補償内容をまとめたものです。
 

保険会社名保険商品名補償割合最大補償額各治療形態制限免責
アニコムふぁみりぃ70%プラン70%84万
(通院)14,000円×20日
(入院)14,000円×20日
(手術)140,000円×2回
-
ふぁみりぃ50%プラン50%60万(通院)10,000円×20日
(入院)10,000円×20日
(手術)100,000円×2回
-
ぷち70%プラン70%128万(通院)なし
(入院)14,000円×20日
(手術)500,000円×2回
-
ソフトバンクペット保険
(アニコム包括保険)
70%プラン70%84万(通院)14,000円×20日
(入院)14,000円×20日
(手術)140,000円×2回
-
50%プラン50%60万(通院)10,000円×20日
(入院)10,000円×20日
(手術)100,000円×2回
-
アクサダイレクトプラン7070%70万(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
プラン5050%50万(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
ペッツベストファーストプラン80%100万(通院、入院、手術)通算100万円、1回50万円まで
※回数制限なし
1治療7,500円
ベーシックプラン80%50万(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
1治療20,000円
アクシデントプラン80%50万(通院、入院、手術)通算50万円、1回25万円まで
※回数制限なし
-
アイペットうちの子ライト90%100万円(通院)補償なし
(入院)10日まで補償
(手術)500,000円×2回
-
うちの子70%プラン70%122.4万円(通院)12,000円×22日
(入院)30,000円×22日
(手術)150,000円×2回
-
うちの子50%プラン50%72.8万円(通院)12,000円×22日
(入院)12,000円×22日
(手術)100,000円×2回
-
ドコモのペット保険
(アイペットの包括契約)
手術ケア90%100万円(通院)補償なし
(入院)10日まで補償
(手術)500,000円×2回
-
トータルケア7070%122.4万円(通院)12,000円×22日
(入院)30,000円×22日
(手術)150,000円×2回
-
トータルケア5050%72.8万円(通院)12,000円×22日
(入院)12,000円×22日
(手術)100,000円×2回
-
FPCFPCペット保険50%85万円(通院)12,500円×30日
(入院)125,000円×3回
(手術)100,000円×1回
-
ペット&ファミリーげんきナンバーわん7070%70万(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
げんきナンバーわん5050%50万(通院、入院、手術)通算で50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
げんきナンバーわんslim7070%70万年間通算70万まで
※回数、1日限度額無し
1日3000円
げんきナンバーわんslim5050%50万年間通算50万まで
※回数、1日限度額無し
1日3000円
PS保険(ペットメディカルサポート)100%補償プラン100%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
70%補償プラン70%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
50%補償プラン50%100万円(通院)10,000円×20日
(入院)20,000円×30日
(手術)100,000円×2回
-
日本アニマル倶楽部グリーンプランⅡ100%138万円(通院)6,000円×60日
(入院)12,000円×60日
(手術)90,000円(ガン手術150,000)×2回
-
プレミアムオレンジプランⅡ100%78万円(通院)5,000円×60日
(入院)10,000円×30日
(手術)60,000円(ガン手術90,000)×2回
-
オレンジプランⅡ100%72万円(通院)5,000円×60日
(入院)10,000円×30日
(手術)30,000円(ガン手術60,000)×2回
-
ブループランⅡ100%31万円(通院)5,000円×30日
(入院)8,000円×20日
(手術)補償なし
-
ホワイトプランⅡ100%85万(通院)補償なし
(入院)15,000円×30日
(手術)150,000円(ガン手術200,000)×2回
-
プラチナプランⅡ100%138万(通院)6,000円×60日
(入院)12,000円×60日
(手術)90,000円(ガン手術150,000)×2回
シルバープランⅡ100%42万(通院)5,000円×20日
(入院)10,000円×20日
(手術)30,000円(ガン手術60,000)×2回
もっとぎゅっと医療保険
スタンダードプラン
50%60万通院:1日1万、年間20万まで
入院:1日1万、年間20万まで
手術:1日10万、年間20万まで
※回数、日数制限は無し
-
医療保険
プレミアプラン
70%90万通院:1日1.5万、年間30万まで
入院:1日1.5万、年間30万まで
手術:1日15万、年間30万まで
※回数、日数制限は無し
-
手術保険 70%プラン70%100万通院だけ:補償無し
入院だけ:補償無し
手術:50万×2回まで
(手術に伴う通院・入院は最大15日)
1,0000円
手術保険 90%プラン90%100万通院だけ:補償無し
入院だけ:補償無し
手術:50万×2回まで
(手術に伴う通院・入院は最大15日)
1,0000円
au損保ペット保険(旧あうて)コース70(通院なし)70%70万(通院)補償なし
(入院、手術)通算70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
コース50(通院なし)50%50万(通院)補償なし
(入院、手術)通算50万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
コース70(通院あり)70%98万(通院)年間最大28万まで
(入院、手術):年間最大70万まで
※回数、日数制限は無し
-
コース50(通院あり)50%70万(通院)年間最大20万まで
(入院、手術):年間最大50万まで
※回数、日数制限は無し
-
あんしんペットLプラン70%70万(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
Mプラン70%70万(通院、入院、手術)通算で70万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
1診察ごと14,000円
Sプラン80%100万(手術に伴う入院、手術)50万×2回
※手術の無い入院は対象外
1診察ごと14,000円
ガーデンプラチナプラン50、70、90%
※選べる
50~90万通院、入院、手術補償
50%プラン:通算で50万まで
70%プラン:通算で70万まで
90%プラン:通算で90万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
ゴールドプラン50、70、90%
※選べる
50~90万通院のみ補償
50%プラン:通算で50万まで
70%プラン:通算で70万まで
90%プラン:通算で90万まで
※回数、1治療あたりの限度額無し
-
パールプラン70%30万(手術のみ)2回
通算30万まで
-
日本ペット共済シルバープラン50%70万通院・入院:1日1.0万円、回数無制限
手術:年2回 1回10万円
-
ゴールドプラン70%70万通院・入院:1日1.2万円、回数無制限
手術:年2回 1回12万円
-
プラチナプラン100%70万通院・入院:1日1.5万円、回数無制限
手術:年2回 1回15万円
-

 
この表から、単純に補償割合だけで良いものから並べると、

日本アニマル倶楽部の商品はすべて100%補償、

続いてもっとぎゅっとスーパープレミアムプランが90%補償となります。

日本アニマル倶楽部は保険料も一生定額で、

保険料も比較的安いため(グリーンプラン除く)、

「保険料」と「補償の割合」2点から見れば、一番良いわけです。

 

ですが、実際のペットの治療のニーズには合っていないと考えます。

犬の保険選び STEP.3 自己負担額への影響を見るでもお話ししていますが、

支払いの限度額が少額すぎるのです。

 

動物の治療費は数十万単位が普通

私の愛犬は色々病気をしたので、通院、入院、手術のすべてを経験しました。

ペット保険ではこの3つを補償するものが多いですが、

もっとも高額な治療費になるのは手術、ついで入院です。

 

通院は高額でも1万円以下ですが、

手術になると普通は数十万単位になります。

さらに入院もセットでついてくるため、より高額になることがほとんどです。

私の場合、1回の手術でトータル30万ほどかかりました。

 

ペット保険会社の調査によると、手術費用の平均は15万円

入院が5万円ほど、トータルで20万は必要ということになります。

 

しかし限度額が少額なペット保険では、

例え補償割合が100%だとしても、簡単に限度額以上になるため、

自己負担額が一気に増加します。

結果的に補償割合50%よりも支払額が多くなることもあるわけです。

 

例えば私の30万のケースでいうと、

日本アニマル倶楽部では90,000円が手術限度額なわけですから、

実質、21万円は自己負担することになります。

逆に限度額が60万である補償率50%の、

『もっとぎゅっと・スタンダードプラン』なら、

自己負担額は15万円で済むことになります。

 

単純に補償割合だけでは泣きを見る!

例を見ればわかるように、補償割合だけでなく限度額も確認することをおススメします。

限度額が高いほど、1回の治療で自己負担額が増える心配もないので、

補償割合が高く、かつ限度額設定が高いものを選ぶと良いでしょう。

 

限度額の設定には、

  • 1回あたりの金額と回数を設定しているもの
  • 年間のトータルで設定しているもの

の2種類が存在します。

年間で設定されているものは、高額な治療費と相性が良いといえます。

 

回数に関しては、

手術費は年に何回も受けることはないので、1~2回ほどで十分です。

入院費も平均2~5日ほど、骨折で20日ほどなので、

30~60日もあれば十分といえます。

なので、1回あたりの金額をしっかりとチェックすると良いでしょう。

 

安くて安心のペット保険




 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ