ペット保険の種類と補償内容まとめ

人間の保険と同様に、ペット保険は各社商品としてラインナップされ、

補償内容なども変わってきます。

ですが、基本的な内容を抑えた上で保険を選ぶことで、

まったく見え方が違い、自分のニーズにあった保険を選ぶことができます。

 

加入できるペットは?

主に犬や猫が多いですが、保険会社によって、

鳥、ハムスター、爬虫類、フェレット、うさぎなども加入できます。

 

加入、更新条件は?

加入可能年齢と継続可能年齢関しては、年齢制限タイプと終身タイプに分かれます。

その他、条件はいろいろと違ってきますが、基本的な例をあげます。

  • 生後120日以上たっていること
  • 加入時点で、特に主だった病気にかかっていない(商品によって加入可)
  • 加入予定日の1年前までに、ワクチン接種済み
  • 高齢の動物には特定の健康診断書が必要
  • 狩猟など、犬が従事していないこと

主に、御自身のペットの年齢を加味して考えると良いでしょう。

平均寿命なども踏まえながら、金額との折り合いを考えます。

 

補償の範囲はどのくらいなの?

ペット保険はどんなペットの医療費も負担してくれるわけではありません。

ケガの治療
病気の治療
加入以前のケガ・病気の治療×
予防接種、健康診断など×
去勢・避妊手術×

ただし、各社付加サービスとして適用できるものもあります。

また以下のケースの場合は適用されない可能性があります。

  • 医療理由が保険契約者、被保険者等の故意や過失による場合
  • 医療理由が地震・噴火・津波または風水害に起因する場合

すでにペットがかかっている病気がある、持病をもっている場合は

加入条件をよく見る必要があります。

健康な状態であれば、とくに気にする必要はありません。

 

補償できる治療の種類は?

また、適用できる治療の種類も各社で違ってきます。

代表的な補償の種類は以下のようなものがあります。

通院による医療費診察費用、処方薬、処置費など
入院による医療費入院費用
手術による医療費手術費用、麻酔費用
車椅子費用病気やけがによる車椅子の作成費用
ペット葬儀代火葬費用
賠償責任噛み付きなどによる相手へのケガ、破損による相手への補償など
がん手術保険金ガン手術にかかった医療費
高度後遺障害保険金後遺症の残るような高度な障害を負った際にかかった費用

このほか、各社ユニークなサービスもあります。

犬種によってかかりやすい病気やケガも違ってきますので、

リスクを予測してサービスを吟味することが良いと思います。

 

例えば、ヘルニアになりやすい犬種であれば、

車椅子を使う可能性も高くなります。

愛犬が他人に対して問題行動を起こしやすそうと感じていれば、

損害補償を選ぶ・・・といったようにです。

愛犬の特徴にあわせてサービスの必要・不要を分けるのがコツです。

 

補償金の種類

ペット保険の補償金額の算出方法は色々ありますが、

大きくわけると以下のように分類することができます。

定率補償型治療費全額に大して定率で補償するタイプ。(例:治療費80%補償)
人間でいう健康保険に該当する。
定額補償型治療費に関係なく、一定の金額を保証するタイプ。(例:手術費30万円補償)
人間でいう生命保険に該当する。
実額保障型限度額範囲内で、かかった治療費の全額を補償するタイプ。(例:手術費100万円まで全額補償)
人間でいう損害保険に該当する。

医療費が高額になれば定率タイプが有利ですが、

低い場合は実額補償なら0円で済みます。

 

保険会社の種類

保険会社の業務形態として以下のようなものがあげられます。

損害保険会社一般的に補償金額は高めに設定されている。
「損害保険契約者保護機構」に加入しているため、万が一会社が破綻した場合も、保険金が定められた割合で補償される。

会社例
・アニコム損保
・アクサダイレクト
・アイペット損害保険株式会社
小額短期保険会社支払う保険料が損害保険会社と比較して少ないものが多く、飼い主への経済的負担が軽いという特徴。
ただし、扱える商品は少額、短期、掛捨てに限定される。
会社例
・ペット&ファミリー
・ペットメディカルサポート株式会社
・日本アニマル倶楽部
・ペッツベスト
・株式会社FPC

月々の支払い金額と、補償金額の兼ね合いで選ぶ必要があります。

 

給付のタイミング

補償金を給付される方法は、即日と後日に分けられます。

郵送による保険金請求(後日給付)診療後、後日郵送により給付されるタイプ。一度全額支払う必要がある。
保険会社によって診断書の要・不要がわかれる
病院窓口での清算(即日給付)保険会社の提携病院で診療の場合、支払の際に補償に応じた差額を支払うタイプ。

個人的おすすめは即日給付です。

後日だと、一時的に全額支払いが必要になるので、

いざというときに痛い出費になる可能性があります。

ペット保険ランキングへ



 

Facebook



関連記事一覧

サブコンテンツ

ページの先頭へ